Mahasiswa Demo di KPK Besok Tuntut Luhut
Diperiksa Dugaan Bisnis PCR

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 08/11/2021 07:19 WIB


National Student League for Democracy(LMND)<民主主義のための全国学生同盟>を代表する学生達は、汚職撲滅委員会(KPK)に、Covid-19のリスクを検出するためのPCRテスト事業への大臣の関与の疑いを調査するよう依頼するデモを開催します。

デモは明日火曜日(11月9日)に南ジャカルタのクニンガンにあるKPK本部の前で開催される予定です。

「火曜日から、行動の場所はKPKビルです」と、LMNDの副会長であるサムスディン・サマン氏は日曜日(11月7日)にCNNIndonesia.comに語った。

ジャカルタだけでなく、サムスディン氏は、LMNDが同じ要求で24の州で同時に行動を起こすことも確認しました。

彼は、豊かな公正な人民党(PRIMA)がKPKに苦情を申し立てたと述べた。

疑惑のPCRビジネスについてルフット氏とエリック氏を訴えた人は、学生運動によってサポートされる必要があります。

先週の木曜日(11月4日)、プリマ(PRIMA)の副会長であるアリフ・カマル氏が、疑惑のPCRテスト事業に関してルフット氏とエリック氏に対する公の苦情をKPKに提出したことが知られています。

さらに、サムスディン氏は、ビジネス上の利益のために権力を使用するの役人は、寡頭制の一形態であると判断しました。

「学生運動は長い間眠っていた。今こそ目を覚ます時だ」と彼は言った。

一方、サムスディン氏は、パンデミックの真っ只中にあるPCR検査事業への国家公務員の関与の疑いは人々の心を本当に傷つけたと認めた。その理由は、Covid-19パンデミックの影響で人々が、今困難を経験しています。しかし一方では、当局は実際にこれらの条件を利用して富を蓄積しています。

「進歩的な学生組織の1つとしてのLMNDは、困難な時期に人々を抑圧する政府の政策が、人々を苦しめているとを感じています」と彼は言いました。

以前、元YLBHI(元インドネシア法律扶助協会)代表のアグスティヌス・エディ・クリスティアント氏は、ジョコ・ウィドド大統領の内閣の多くの大臣がPCRテスト事業に関与していると述べました。

大臣は、Covid-19検査サービスのプロバイダーであるPT Genomik Solidaritas Indonesia(GSI)と提携しています。

ルフット氏とエリック氏自身がそのニュースを否定した。


<関連記事①>

職権乱用なのか?閣僚の1人の会社PT.GSIは、最新のラボとPCRテスト用の大容量を備えている!https://jktlife.com/jktlifenews/20888/

<関連記事②>

彼らは噂話が好き!海事投資調整大臣のスポークスマンは、PCR検査ビジネスに関するKPKへの報告に応じる

https://jktlife.com/jktlifenews/20788/


「私は、PT Genomik Solidaritas Indonesiaが運営する事業からわずかな個人的利益を得たことがありません。」

ルフット氏は、木曜日(4/11)にInstagram Storyアカウント@ luhut.pandjaitan(ルフット氏)に書かれた声明の中で述べました。

エリック・トヒル氏はまた、彼のスタッフである、アルヤ・シヌリンガ氏を通じて否定しました。

先週、アルヤ氏は、エリック氏がPCRテストビジネスに関与しているという問題はかなり問題があると述べました。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す