皆様とどうぞ共有ください!

Awas, Kamera Tilang Elektronik
Bisa Deteksi Pelat Nomor Palsu

オンラインメディア「Komas」が伝えています!
08/11/2021, 07:41 WIB


ジャカルタ地域とその周辺地域は、交通規則に違反する車両に電子チケットまたは電子交通法施行(ETLE)を課し始めています。

それにもかかわらず、今まで、偽のナンバープレートを使用する多くのドライバーがまだいます。

通常、彼らは奇数偶数を避けるためにこれを行います。

ごく最近、デポックのマルゴンダ地域で違反を犯したとされる車両所有者の1人が行なったように。

この事件は、土曜日(2021年11月6日)にInstagramアカウント@infodepok_idによってアップロードされた後、ソーシャルメディアで話題になりました。


<編集員コメント>インドネシアでは、ナンバープレートが売られているために、元々の番号を取り替えて登録してナンバープレードでない番号を付けれる事ができます。

疑問点:プレート番号の記載は、STNKなどに記載してあるはずだが、カメラが捉えた時にSTNKの記載されている番号まで、電子プレートでは読み取れないはずだが?


これに応えて、南ジャカルタ市の警察署交通局、副局長アルゴ・ウィヨノ氏(Gakkum Ditlantas Polda Metro Jaya AKBP Argo Wiyono)は次のように説明しました。

偽のナンバープレートを使っているドライバーは、直接読み取ってカメラで捉えることができます。

「ETLEシステムには、すでに車両アームシステムがあります。 そのため、ETLEカメラが別のナンバープレートを使用している車両を捕らえると、デバイスは警告音と点滅するライトを発します」と、土曜日(2021年6月11日)にアルゴ氏はKompas.comに語った。

その後、バックオフィスのスタッフは、カメラに捕らえられた車両がデータベースに準拠しているかどうかを確認します。

一致しない場合、データは偽物です。

<関連記事>

インドネシアの自動車のナンバープレートコードを知る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です