Wamen BUMN Sebut Garuda Indonesia
Sudah Bangkrut secara Teknis

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 9 November 2021 | 17:21 WIB


BUMN(国有企業)IIの副大臣カルティカ・ウィルジョアトモジョ氏は、ガルーダインドネシア航空が現在技術的に破産している状態にあることを認めました。

 2021年9月の時点で、ガルーダインドネシア航空の株式は、28億米ドルまたは約40兆ルピアのマイナスであり、毎月1億〜1億5,000万米ドルまたは約1.5〜2兆ルピアのマイナスの株式が追加されています。

「このような状況では、銀行業務に関しては、技術的に破産していますが、法的にではありません。これは、実際に技術的に破産している状況から抜け出す方法を見つけようとしていることです。

これは、ガルーダの業務のほとんどすべてが、義務的に行われているためです。

火曜日(2021年11月9日)の委員会VI DPRとの作業会議で、カルティカ・ウィルジョアトモジョ氏は述べた。

政府自体は、この状態から抜け出すための解決策を探し続けています。

主なことは、ビジネス変革を行うことです。

その理由は、過去にガルーダが飛行ルートと運航の両方の点で多くの非効率性を生み出したためです。

カルティカ氏は、ガルーダの主な計画は5つあると述べました。

まず、収益性の高いフライトルートのみを運用することにより、会社のルートネットワークを最適化します。

当初の焦点は、国内線のルートと貨物量を目的とした特定の国際ルートでした。

第2に、ガルーダとシティリンクの航空機の数を2019年の202機から2022年には134機、2026年には188機に減らして最適化されたルートネットワークに合わせ、航空機の種類を13種類から7種類に減らして、航空機の運用を簡素化します。

第3に、航空機のレンタル料金を現在の市場価格に調整して、将来会社が使用する航空機リース契約を再交渉すること。

第4に、下部貨物室の利用率の向上と運用のデジタル化を通じて、貨物収入を高めます。

第5に、製品のバンドルを通じて補助的収入を増やす。

売り込む製品の拡大、および変動価格設定戦略の実装。

「ガルーダの財務バランスは、大規模な運営上および財務上の再構築によって行われる必要があります。

リストラするのであれば、公平性によってリストラ後にガルーダが健全な会社になることを保証する必要があります。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す