皆様とどうぞ共有ください!

Indonesia Paling Banyak Minta
Google Hapus Konten

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Wed, 10 Nov 2021 20:04 WIB


デジタルリテラシーの欠如は、デマ、オンライン詐欺、ネットいじめ、ヘイトスピーチ、デジタルベースの急進主義への広がりに影響を及ぼします。

まず、編集員からの感想から、国民全体の教育水準が比較的高い日本からすると、これはとても危険に見えてくる。
政府機関からすると拡散させたくない情報の芽を、前もって摘んでしまう事になる。このリエラシーは、やはり子供の時の教育だろう。

インドネシアがコンテンツの削除要求が最も多い国であることも不思議ではありません。

これは、水曜日(2021年11月10日)にルアングル(インドネシアスタートアップ企業)と通信情報省が共同で行ったデジタルリテラシールームの立ち上げ時に、インドネシアのデジタルリテラシーレベルについて話し合ったときに言及されました。

2021年1月から6月までの期間にGoogleがリリースした「コンテンツ削除透明性レポート」というタイトルのレポートを引用すると、

インドネシアは、Google検索やYouTubeなどのさまざまなGoogleサービスからのコンテンツと情報の削除を最も多く要求した国になりました。

この期間中に、インドネシアから提出されたコンテンツと情報の削除を求める254,461件のリクエストがありました。

その数のうち、254,399ものコンテンツと情報が情報通信当局によって提出されました。

Googleが意味する情報通信機関は、情報、メディア、および/または電気通信セクターの規制を任務とする政府機関、つまり通信情報省です。

削除が最も要求されるコンテンツや情報の種類は、悪意のある表現、規制対象の商品やサービスです。

プラットフォーム別の場合、YouTubeのコンテンツと情報の削除が最も多かった

コンテンツ削除リクエストの目的は、インターネットユーザーに害を及ぼす恐れのあるネガティブなコンテンツから保護することです。

通信情報省の情報エンパワーメントディレクターであるボニファシウスW.プジャント氏は、通信情報省の調査に基づいて、インドネシアのデジタルリテラシーは過去数年に比べて確かに向上しているが、しかし、十分ではありません。

「インターネットへのアクセスはますます増加し、高速化していますが、この調査では、デジタルリテラシーがまだ中程度のレベルにあることも明らかになっています。インドネシアにはデジタルスキルを向上させるための宿題がたくさんあります。」と彼は言いました。

現在、インドネシアのインターネットユーザーの数は大幅に増加しています。

2021年の初めに、その数は2億260万人、つまりインドネシアの総人口の73.7%に達しました。残念ながら、インターネットの普及率の向上に続いて人々のデジタルリテラシースキルが向上していないため、デジタルテクノロジーによってもたらされる多くのプラスの効果の背後に大きな課題があります。

(略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です