Menanti Langkah Konkret Pemerintah Cegah
Masuknya Varian Delta Plus ke Indonesia

オンラインメディア「Kpmpas」が伝えています!
11/11/2021, 17:47 WIB


デルタプラスコロナウイルスの変異体(AY.4.2)は、マレーシアで発見されたことが記録された後、インドネシアに近づいています。

マレーシア保健省は、デルタ変異体Covid-19AY.4.2の最初の2症例の発見を確認しました。 Delta プラス変異体として検出された2つのケースは、英国から帰国した学生からインポートされたケースです。

タンスリ保健局長のヌールヒシャムアブドラ博士は、2人の学生が2021年10月2日にクアラルンプール国際空港に到着した時にこれらの症例が検出されたと述べた。

これらの2人の学生は2つのRT-PCRテストを受けましたが、最初は陰性であることが判明した後、検疫期間中の10月7日に2回目のテストが実施された後に陽性であることが確認されました。

Delta AY.4.2変異体は、Delta変異体よりも15%強力であると考えられています。 Deltaプラス変異体は、英国でCovid-19症例の急増も引き起こしました。

<入り口を締めていません>

デルタプラス変異体はインドネシアに非常に近いですが、政府はまだインドネシアへの侵入を予測するための確固たる行動をとっていません。

政府は依然として海外からの旅行者に3日間の検疫を課しています。

検疫期間の決定は、Covid-19パンデミック時の国際旅行健康プロトコルに関する2021年のタスクフォース番号20の回覧状の補遺に含まれています。

Covid-19処理タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、Covid-19ワクチンの初回投与を受けたばかりの海外旅行者は次のように付け加えました。

まだ5日間の検疫を受ける必要があります。

完全な予防接種を受けた海外旅行者の検疫期間は3日です。

 ウィク氏は、火曜日(2021年11月2日)に大統領事務局のYouTubeチャンネルを介した記者会見で述べた。

もう1つの規定は、海外旅行者は到着ゲートに到着したときにCovid-19検査を実施し、検疫を受けた後に再度検査する必要があるというものです。

Java-Baliコミュニティ活動制限施行(PPKM)のコーディネーター、ルフット氏は、政府がデルタプラス変異体の侵入を防ぐために7日間の検疫期間を課す可能性があると述べました。

しかし、これまでこの政策は政府によって実施されていませんでした。

インドネシアへのデルタプラス変異体の潜在的な侵入に対応して、すぐに入り口を締めます。

国会議員のクミアシ・ムフィダヤティ氏の委員会IXのメンバーは、政府に国境を厳しくし、すでにデルタプラス変異体を持っている国を追跡するように要請しました。

「政府はデルタプラス変異体の方が危険であることを確認しているため、伝染レベルが高い国から一時的に引き締める必要があります。」

クミアシ氏は木曜日(2021年11月11日)のプレスリリースで述べた。

クミアシ氏は、政府が海外からの到着の検疫時間は3 x 24時間内であると決定したため、国境と追跡も厳しくする必要があると述べた。

彼によると、検疫時間の短縮は、インドネシアへの新しい亜種の参入の弱点となる可能性があります。

<省略>



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す