皆様とどうぞ共有ください!

教育文化研究技術大臣のナディム・マカリム氏は、26の都市の79のキャンパスでの内部および外部の調査で、大学での性的暴力の事例が見つかったと述べた。


「講師の直接調査では、77%が「はい」と回答し、次の60%は暴力事件は報告されていないと述べた。」
ナディム氏は、メルデカキャンパスのオンライン会議エピソード14で、金曜日(2021年11月12日)にキャンパスは性的暴力から解放されたと述べました。
キャンパスでの性的暴力は氷山現象のようなものだと彼は言った。
「私たちはほんの少し探ってみただけです。すべてのキャンパスにはすでに状況(性的暴力)があります。
キャンパス内の学生や学者を保護することは政府の義務です。」
彼が追加した。
2021年の「教育文化大臣の規制」の性的暴力の防止と取り扱い番号30は、性的暴力を防止し、対処するための大学の重要なステップを規制する際に詳細に検討されています。
さらに、大学の指導者が学界を苦しめる性的暴力の再発を防ぐために、さらなる行動を取るのを支援します。
少なくとも、性的暴力の加害者に対する制裁には3つの段階があり、この取り組みに違反するか、この取り組みを支持しないことが証明されている場合は、2つの厳しいキャンパス制裁があります。
<中略>
14章では、行政制裁の賦課は、とりわけ次の3つのレベルに分けられます。

  1. 軽い行政制裁。
  2. 中程度の行政制裁。
  3. 厳しい行政制裁。

書面による警告の形での軽い行政処分。 または、キャンパス内またはマスメディアで公開された書面による謝罪声明。
続きをご覧になりたい方は、原文をどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください