皆様とどうぞ共有ください!

ブディ・グナディ・サディキン保健相は、インドネシアでのCovid-19のパンデミックは鈍化したものの、それは終わっていないと述べた。したがって、政府は、すべての人が引き続き健康プロトコルを遵守することを望んでいます。

Covid-19のパンデミックが始まった今、陽性の確認された症例から見るだけでなく、入院して死亡した人も劇的に減少しました。しかし、それを解決するのはそれほど簡単ではありません。と彼が説明した。

「パンデミックはすぐには終わらない。5年、10年、さらには数百年で終わったものもある」と彼は日曜日(2021年11月14日)に引用されたPKS TVによる仮想ウェビナーで述べた。

したがって、現時点で政府ができることは、ウイルスの感染を制御し続ける方法を見つけることです。それらの1つは、人々がウイルスに対する免疫を持つための予防接種です。

「すぐに終わらせることができないので、私たちの目標は、急いでそれを排除するのではなく、感染速度を減らす方法です。それは数年、数百、あるいは数百もかかるからです」と彼は言いました。

彼によると、インドネシアの医療施設が混乱したり、容量制限を超えたりしないように、ウイルスの感染が制御されるように実行されていきます。

現在、国内の病院の収容人数は40万床であり、Covid-19パンデミックに対処するための最大数はわずか30%または12万です。

「ですから、Covid-19人の患者が12万人以上入院しないように注意しています。私たちは、60万の陽性症例の最大20%、12万に維持しています。

したがって、パンデミックに直面している場合、それが何であれ、主な目標は感染率を下げることです」と彼は説明しました。

彼によると、症例率を減らすための4つの戦略があります。

健康な人のための3つの戦略と病気の人のための1つの戦略。

健康な人のための戦略は、行動の変化または厳格な手順であるか、3Mとして知られています。

第二に、検出または3Tであり、

第三はワクチン接種です。

次に、すでに病気になっている人のための4番目の戦略は治療です。これは、実行しなければならない圧迫の戦略と見なされます。

「これらの3つの戦略は上流の健康な人々に向けられており、彼らが病気になった場合、下流の戦略、すなわち治療があります。

この段階(治療)に入ると、実際には手遅れになります。

したがって、彼らを病気にさせないことが最善です。病気の人を治すのではなく、健康を保つ」と述べた。




ブディ・グナディ・サディキン保健相は、インドネシアでのCovid-19のパンデミックは鈍化したものの、それは終わっていないと述べた。したがって、政府は、すべての人が引き続き健康プロトコルを遵守することを望んでいます。

Covid-19のパンデミックが始まった今、陽性の確認された症例から見るだけでなく、入院して死亡した人も劇的に減少しました。しかし、それを解決するのはそれほど簡単ではありません。と彼が説明した。

「パンデミックはすぐには終わらない。5年、10年、さらには数百年で終わったものもある」と彼は日曜日(2021年11月14日)に引用されたPKS TVによる仮想ウェビナーで述べた。

したがって、現時点で政府ができることは、ウイルスの感染を制御し続ける方法を見つけることです。それらの1つは、人々がウイルスに対する免疫を持つための予防接種です。

「すぐに終わらせることができないので、私たちの目標は、急いでそれを排除するのではなく、感染速度を減らす方法です。それは数年、数百、あるいは数百もかかるからです」と彼は言いました。

彼によると、インドネシアの医療施設が混乱したり、容量制限を超えたりしないように、ウイルスの感染が制御されるように実行されていきます。

現在、国内の病院の収容人数は40万床であり、Covid-19パンデミックに対処するための最大数はわずか30%または12万です。

「ですから、Covid-19人の患者が12万人以上入院しないように注意しています。私たちは、60万の陽性症例の最大20%、12万に維持しています。

したがって、パンデミックに直面している場合、それが何であれ、主な目標は感染率を下げることです」と彼は説明しました。

彼によると、症例率を減らすための4つの戦略があります。

健康な人のための3つの戦略と病気の人のための1つの戦略。

健康な人のための戦略は、行動の変化または厳格な手順であるか、3Mとして知られています。

第二に、検出または3Tであり、

第三はワクチン接種です。

次に、すでに病気になっている人のための4番目の戦略は治療です。これは、実行しなければならない圧迫の戦略と見なされます。

「これらの3つの戦略は上流の健康な人々に向けられており、彼らが病気になった場合、下流の戦略、すなわち治療があります。

この段階(治療)に入ると、実際には手遅れになります。

したがって、彼らを病気にさせないことが最善です。病気の人を治すのではなく、健康を保つ」と述べた。


1 thought on “症例は減少したが、パンデミックは終わっていない(保健大臣の警告)

  1. 感染症の終息は人には予測出来ません。
    まだまだ続くと考えた方が良いと思います。
    今回のデルタ株は変異の中で自滅したに過ぎません。
    詳しくコメントとすると長く成りますがデルタ株のシトミンが変異の中で次に移行出来ず自滅した形に成りました。
    ワクチン効果で減少した訳ではありません(多少の効果と考えた方が良いです)
    新型コロナはデルタ株だけではありませんし、これからどの様な変異に変わるかは分かりません。
    又、デルタプラスがEU圈で感染を広げています。
    ワクチン接種が広がって重症化率は減っても、ワクチン効果が低い変異種が現れないとは限りません。
    それとインドネシアは1度ワクチン接種者の抗体を取得率調べる必要があると思います。
    変異の激しい新型コロナに不活化ワクチン(シノバック)は効果は低いと考えます。

コメントを残す