皆様とどうぞ共有ください!

Pemkab Empat Lawang Kembalikan
Ribuan Dosis Vaksin Moderna

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
15/11/2021, 09:14 WIB


Empat Lawang県政府は、数千回分のモデルナワクチンを南スマトラ州保健局に返還するよう要請しました。

南スマトラ保健サービスの責任者であるレスティ・ヌライニ氏は、返還されたワクチンの数は約5,000回であると述べました。

代わりに、ワクチンはシノバック またはアストラゼネカワクチンと交換されました。

「私たちはリクエストに応えました。また、数日前から、ファイザーを3,000回、シノバックを5,520回を代わりに準備しました。彼らはそれを受け入れたい望んだ(Empat Lawang県保健局)」と彼は月曜日(2021年11月15日)にアンタラが引用したと言った。

一方、Empat Lawang県の保健局の責任者であるヘピ・サフリアニジョンチク氏は、ワクチンの注射後の副作用で、人々がワクチンのブランドを使用することを躊躇したため、何千ものワクチンが返還されたと説明しました。

それで、公式に、より安全であると考えられているシノバック とアストラゼネカワクチンと交換するように頼みました。

「影響がより深刻であるため、人々はそれを望んでいません。県知事も含め、接種した後に、3日間もの高熱が出る、影響がより深刻であるため、人々はそれを望んでいません」と彼は言いました。

これに応えて、南スマトラの知事、ハーマン・デル氏は、モデルナワクチンの返還は、一般の人々への教育不足によるものであったと判断しました。

彼はまた、南スマトラのすべての地区または都市のすべての地域作業単位で、Covid-19ワクチン接種プログラムを適切に広めることができることを望んでいます。

「実際、ワクチンの促進役と医療従事者が、社会化の方法を正しく伝えれば、コミュニティはそれを理解する。」と彼は述べた。

土曜日(2021年11月13日)の南スマトラ保健局のデータに基づいて、Empat Lawang県は南スマトラの17の地区または都市と比較して予防接種の達成度が最も低い地域であると記録されました。

<略>



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

1 thought on “何千もの「モデルナワクチン」を返す(東ジャワのEmpat Lawang 県政府)

  1. シノバックは不活化ワクチン
    改良して無ければ武漢型ウイルスを使用しています。
    多分、デルタ或いはデルタプラスに効果があるとは思えません。
    アストラゼネカは日本とアメリカから台湾に1000万キット以上プレゼントしましたが、死者は700名を超えたと聞いています。
    効果の期待出来ないシノバックを接種するか、副反応が怖いアストラゼネカを使用するのか?
    日本なら間違い無くモデルナを使用します。
    正直、インドネシアは医療関係者の頭は大丈夫ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です