タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ahli RI Buka-bukaan soal Efek
Samping Vaksin AstraZeneca
Disemprot Lewat Hidung

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 17 Nov 2021 17:04 WIB


研究者は、鼻の奥に噴霧される鼻腔内アストラゼネカワクチンの使用がより多くの利点を持っていると言います。

鼻からのスプレー式アストラゼネカワクチンの副作用(インドネシア人のエキスパート)

それらの1つは、副作用のリスクを軽減することです。

オックスフォード大学ジェンナー研究所のワクチン研究者、カリーナ・チトラ・デゥイジョ氏が説明しました。

アストラゼネカの鼻腔内COVID-19ワクチンのテスト結果から、副作用は注射されたワクチンよりも軽度です。

「私たちのチームの他のプロジェクトは鼻腔内ワクチンです。

注射に加えて、鼻にスプレーするという、違う経路で臨床試験も行っています。」カリーナ氏は言った。

ANTARA NEWSから引用で、アストラゼネカワクチン処方の開発を支援したインドネシアの科学者のカリーナ・チトラ・デゥイジョ氏。

「新しい鼻腔内ワクチンは、最初の臨床試験に近づいています。

世界保健機関は2番目の鼻腔内ワクチン臨床試験を許可しました。結果は良好で、副作用は注射されたものよりも軽いです」と彼女は言いました。

カリーナ氏は、実験室での研究とさまざまな国での使用から、

アストラゼネカワクチンの使用に関するデータがすでにたくさんあることを考えると、鼻腔内ワクチンの第2段階と第3段階の臨床試験期間は短くなると予想されると述べました。

「私たちは保健庁の規則に従っています。

私たちは、第2段階の臨床試験に参加しています。現在、彼らはまだ報告書を集めています。」と彼女は言いました。

カリーナ氏によると、アストラゼネカはワクチン製造プロセスを改善し続けており、ワクチンをはるかに大量に製造できるようになっています。(更新日時11月18日)



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 鼻からのスプレー式アストラゼネカワクチンの副作用(インドネシア人のエキスパート) 鼻からのスプレー式アストラゼネカワクチンの副作用(インドネシア人のエキスパート) 鼻からのスプレー式アストラゼネカワクチンの副作用(インドネシア人のエキスパート) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。