Satgas Sebut Tak Ada Larangan Mudik saat Natal dan Tahun Baru

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 19 Nov 2021 04:55 WIB


Covid-19タスクフォースは、クリスマスと年末年始の休暇中に里帰りすることを禁止する方針の計画はなく、規制上の制限のみであると述べました。

国会議員は、各現場での規則の実行も強調しました。

以前は、政府は、クリスマスと年末年始にレベル3のコミュニティ活動制限(PPKM)のステータスを持つインドネシアのすべての地域を決定していました。

Covid-19タスクフォースの健康処理部門の責任者であるアレクサンダー.K. ギンティン氏は、政府はPPKMを通じて、市民の流動性を強くコントロールすると述べた。

「それは里帰りの禁止ではなく、規制による制限だ」とアレックス氏は木曜日(11月18日)にCNNIndonesia.comへのテキストメッセージで言った。

彼によると、現在まだ途中経過で、後で、近い将来リリースされるタスクフォースからの追加のルールがあります。

知られているように、現在、COVID-19パンデミック中の国内旅行の規則は、11月2日から設定されている2021年の通達第22号で規制されています。

「年末年始休みを守るために発行された内務大臣の指示に従って、後で補足があるだろう」と彼は言った。

これとは別に、バンドン市政府は、群衆の制限を通じて、クリスマスと新年の間にPPKMレベル3を実施します。

「これは、パンデミックの発生を考慮する予想事項です。

クリスマスと新年の時は、コミュニティが守るべく規律のレベル低下に繋がる隙間になります。」

バンドン市Satpol PP<※>の部長、イドリス・クスワンディ氏は木曜日(11月18日)に言った。

<※>Satpol PP :Satuan Polisi Pamong Praja:自治警察隊 風紀取締隊

イドリス氏は、訪問者25%のルールを含め、PPKMレベル3のルールについて説明しました。

この規則を守れない場合は、娯楽施設は再び運営されない可能性があります。

さらに、ショップやモールの訪問者はわずか25%であり、会議、人を引きつけようなイベント、コンベンション、展示会の活動は容量に制限があります。

「訪問者は管理されなければならない。私たちはただ規則に従う。私たちは準備ができている」と彼は言った。

<中略>

水曜日(11月17日)、人間開発文化担当調整大臣のムハディジル・エフェンディ氏は、政府がクリスマスと新年、つまり2021年12月24日から2022年1月2日までのすべての地域でPPKMレベル3を実施すると述べた。

関連記事:すべての地域でPPKMレベル3になる!(年末年始休暇)11月18日更新



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 


    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。