RI Mulai Uji Vaksin Sinovac
untuk Booster di Awal 2022

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 19 Nov 2021 08:30 WIB


PT Bio Farma<ペーテ・ビオファルマ>(国有株式会社)は、シノバックワクチンは、2022年初頭に追加免疫または3回目の接種として投与されるワクチンの一種になると述べました。

ただし、それ以前に、中国の製薬会社シノバックと共同で臨床試験を実施する必要があります。

PT Bio Farmaのサービスオペレーション責任者であるエルウィン・スティアワン博士によると、この臨床試験は、体の免疫系に対する追加の保護を提供するブースターワクチンとして、投与された場合のシノバックの有効性を決定するために実施されます。

「ブースター臨床試験については、2022年1月にのみ実施されます。来年には、シノバックと協力してブースター効果試験を実施します。」

エルウィン氏は木曜日(2021年11月18日)のオンラインウェビナーで語った。

たとえそうであっても、シノバック自体が以前に中国でブースターとしてこのワクチンの臨床試験を実施しました。

結果として、このブースターワクチンの投与が、コロナウイルスに対して非常に高い免疫力アップに影響を与えたため、非常に良好であることが判明しました。


しかし、エルウィン氏はこれまで、この追加免疫ワクチンの料金を確認できなかったことを認めています。

彼は、政府が現在も金融開発監督庁と推定価格を計算していることを明らかにした。

知られているように、この追加免疫ワクチンの提供は完全に無料で提供されるわけではありません。

政府は、社会保障・医療保障制度の参加者として登録されている居住者に対してのみCOVID-19ワクチンの費用を負担します。

残りはブースターワクチンを取得するために支払う必要があります。

「参考までに、先日の、ゴトン・ロヨン(相互扶助の慣習)ワクチンに使用された有料ワクチンは、間違いがなければ、約18万8千ルピアであり、基本的なサービスも17万7千ルピアです。

これは企業を対象とした有料ワクチンの現在の参考になるかもしれない」と述べた。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。