タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!(11月20日土曜日より)
 

<簡単解説>
海外からのバリ行きの航空便が、国は開いているが、事実上バリへの観光客がほとんどない。そこで、これからの見通しが発表された。定期便の運行が来年2021に始まる前に、旅行会社などが貸し切るチャーター便の運行から始まります。早ければ12月から始まります。

<コメント>
少し前に、観光目的で、海外からの入国が許されて、バリ島とリアウ諸島からの入国が許可されました。しかし、実際に、この政策が始まった時に航空会社が、消極的で、飛行を飛ばす事がなかった。特にバリ島目的の観光客がほぼ居なかったようだ。この事は明らかになってはいたが、政府関係者もやっと腰を上げ、打開策を発表した。

関連記事:

  • バリ島への国際線が本日から再開!

https://jktlife.com/jktlifenews/19335/

  • 10月14日、バリに入国可能!(外国人観光客)ングラライ空港が準備中

https://jktlife.com/jktlifenews/19056/

  • バリは外国人観光客のために開かれた!(厳しい要件付き)

https://jktlife.com/jktlifenews/19434/


AP I Perkirakan Penerbangan Maskapai
Asing Baru Masuk Bali Januari 2022

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 21 November 2021 14:31 WIB


バリは2021年10月14日から外国人観光客(観光客)に開放されていますが、PT Angkasa Pura I(国有株式会社)<※1>社長のファイク・ファーミ氏は、近い将来、外国の航空会社がバリ州のングラライ国際空港に入る計画の通知を受け取っていないと述べた。

外国便バリ行きは2022年1月なると予想(空港運営企業)

<※1>:PT Angkasa Pura I:インドネシア運輸省が運営する空港運営企業

ファイク氏は、航空会社は、特に通常のルート便の場合、インドネシアへのフライトプランを準備するのに時間が必要だと述べた。

彼は、新しく航空会社が2022年1月に、定期便で入国すると予測しています。

「いくつかの航空会社がありますが、まだ最終的なものではないため、発表されていません。

それらはかなりたくさんの会社があります。定期便の場合、2022年1月のみ利用可能となるでしょう。」

先週の水曜日、11月17日、パサールバル地区で会った時、ファイク氏は言った。

以前、インドネシアは、Covid-19のパンデミックの間、外国の航空会社からの観光目的で予定された国際線のゲートを閉じました。

この方針が、コロナウイルスの蔓延を抑えるための対策としてとられました。

ファイク氏は、政府が国際便を再開する計画を発表したので、さまざまな外国の航空会社がフライトスケジュールを作成しています。

バリ経由でインドネシアに入国する航空会社は、直行便で入る前に、最初に、旅行会社などが貸し切るチャーター便で運行されます。

「(外国の)航空会社は、早ければ、12月にフライトします。

しかし、通常のフライトに入る前に、最初に入るのはこのチャーター便です」とファイクは言いました。

ファイク氏によると、スケジュールの準備に加えて、外国の航空会社はインドネシアへの帰国便を飛ばすためにさまざまなことを検討しているといいます。

1つ問題があるのは、検疫政策です。 現在、海外から到着した乗客は、国内に着陸してから3日間検疫を受ける必要があります。

この検疫政策は、インドネシアに入る外国人観光客の関心を低下させたと疑われています。他の国では、検疫政策が廃止され始めているためです。

「観光客は他の目的地と比較します。 他の場所は検疫を必要としません、私たちは検疫が必要です。 この事を航空会社が考慮しています。」と彼は言いました。

それに加えて、インドネシアへのルートを再開しようとする外国航空会社は、インドネシア国が制限している事柄が妨げになっています。

インドネシア政府は19カ国の旅行許可をちょうど開いたところです。

「いくつかの国は直行便を運航したいと思っていましたが、それらは、この19カ国のリスト以外の国々である。」とファイク氏は言った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 外国便バリ行きは2022年1月なると予想(空港運営企業) 外国便バリ行きは2022年1月なると予想(空港運営企業) 外国便バリ行きは2022年1月なると予想(空港運営企業) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。