タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!(11月20日土曜日より)
 

<簡単解説>
インドの「SII」とアメリカ「Novavax」の両者により製造した、アストラゼネカ製のワクチンが、インドネシアに輸出される。

<コメント>
以前アストラゼネカ製のワクチンがインドでも製造されるという報道があった。このプロジェクトにより、インドネシアやフィリンピンもこのワクチンプロジェクトに参加している。インドネシアでの緊急使用許可を申請していた報道があったので、この許可が出た模様。


参考資料:

NovavaxとSIIがNovavaxの組換えナノ粒子COVID-19ワクチンの緊急使用許可申請を
インド、インドネシア、フィリピンの規制当局に提出



India Siap Ekspor 20 Juta Dosis
Vaksin Covid-19 Novavax ke Indonesia

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 21 November 2021 13:27 WIB


インドは、インドの血清研究所(SII)によって製造されたNovavax<※1>のCovid-19ワクチンの2,000万回分のインドネシアへの輸出を承認しました。

2000万回分のNovavax ワクチンをインドネシアに輸出(インド)

  • <※1>Novavax: ノババックス:アメリカのバイオテクノロジー企業

ロイターが見た政府の文書によると、SII <※2>がCovovaxと呼んでいるワクチンは、インドネシアでは緊急使用許可を持っていますが、インドでは持っていません。

  • <※2>SII: セラム・インスティチュート・オブ・インディア:インド血清研究所

SIIは先月ロイターに、12月までに最大1億回分のCovovaxを生産できると語った。

インド政府はまた、「Covishield」(コビシールド)というブランドのSIIによって製造された1,000万回分のアストラゼネカ製ワクチンを世界的なCOVAX<※3>ワクチン共有プログラムに輸出することを許可することを決定しました。

  • <※3>ワクチン共有の国際的枠組み「COVAX」

2つの情報源は言った。情報筋によると、

輸送は、1つは来月からと、もう1つは4月から始まるという。

SIIの最高経営責任者は次のように述べています。

両パートナーは、11月に2000万から3000万回の(コビシールド)をCOVAXに輸出し、12月には同様の量を輸出すると見込んでいます。

さらに、一方では、1月からはるかに大きなボリュームで、インドのニーズがほぼ満たされた後に。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 2000万回分のNovavax ワクチンをインドネシアに輸出(インド) 2000万回分のNovavax ワクチンをインドネシアに輸出(インド) 2000万回分のNovavax ワクチンをインドネシアに輸出(インド) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。