記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!(11月20日土曜日より)

<簡単解説>
インドネシア政府は、この年末年始に、国民に向けて、全員で一致して、パンデミックにならないよう、気を引き締めるように、注意喚起している。その期間は、2021年12月24日から2021年1月2日の予定。

コロナのパンデミックが起きるのが、これまでの経験上、年末年始やレバラン休み<断食月が終了した後の休み期間>である事がわかっています。

<コメント>
前回のレバラン休みでも、休みが終わり、ジャカルタに戻ってきた人たちのジャカルタ州の一部の地域で、大量の感染者が見つかり、その一帯は、注意地域に指定され、自宅療養の特別隔離地域としてメディアに報じられた。

このような事がその他の都市でもあったと思われます。その辺も十分考慮に入れられて、このような注意勧告が出されていると思われます。

参考資料:
年末年始休暇中はPPKMレベル3。ブロックはないが移動の限定は強化!
https://jktlife.com/jktlifenews/21455/


ジャカルタ副知事のアフマッド・リザ・パトリア氏は、首都の住民に、クリスマスと年末年始に先立って健康プロトコルに注意を払うよう要請しました。

これは、Covid-19の蔓延を防ぐための取り組みです。

「過去2年間、休暇期間中、COVID-19の蔓延が常に増していったことを学びました。

年末年始の期間中にCOVID-19の蔓延しないように、健康プロトコルを実行して、徹底的に、みんなで協力しなければなりません」とリザ氏は先週末ジャカルタで述べました。

昨年を振り返ると、年末年始の休日はコロナウイルスの蔓延に注意する時期の1つです。 その理由は、人には高い流動性が起きて群衆が発生するからです。

コロナウイルスの急増を予測するために、人間開発文化調整大臣は、PPKMレベル3を国内で均等に適用する準備ができています。

この決定は2日目の月曜日(11月22日)に発表されました。

「私たちは調整します。もちろん、後に実行される政策は、ジャカルタだけでなくインドネシア全体が前年のように急上昇しないように、慎重に深く検討されます。」リザ氏は言った。

リザ氏によると、現在、ジャカルタ特別州地域では、映画館やレクリエーションエリアの開設などの調整を加えて、コミュニティ活動制限(PPKM)レベル1を実施しています。

さらに、ジャカルタ特別州の1,100万人以上の住民がCOVID-19ワクチンの接種を受けており、病床占有率も5%減少したと彼は述べた。

状況は正常に戻り始めているものの、しかし、COVID-19が蔓延した場合の急増を抑えるために、一般市民は健康プロトコルを緩和すべきではないと彼は強調した。

「私は常に、家が最善の場所であることをお勧めします。従順に、規律に従い、健康プロトコルの実施に責任を持ちましょう」と彼は言いました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。