Kasus Covid-19 di Berbagai Negara Naik,
IDI Ingatkan Pentingnya Booster

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Kamis, 18 November 2021 | 15:57 WIB


インドネシア医師会(IDI)は、Covid-19の感染が増加する潜在的な傾向がまだあると警告しました。 現在の世界的な状況では、多くの国が2回の接種を行っていますが、彼らは依然として症例の急増を経験しています。

したがって、インドネシア医師会 Covid-19タスクフォースの議長、教授博士である ズバイリ・ジョルバン氏は、3回目以降のワクチン接種が重要であると述べました。

「2回接種ワクチンを注射された国でも、多くの人がCovid-19の症例者が増加しているため、追加免疫ワクチンが重要です」と、木曜日のCovid-19タスクフォースウェビナーでズバイリ教授は述べています。(2021年11月18日)

彼によると、追加免疫ワクチンはあらゆる種類が利用でき、食品医薬品監督庁(BPOM)から許可を得ていると付け加えました。 ブースターは、前の2回の接種と同じ種類のワクチンを使用することも、異なるワクチンを使用することもできます。

ブースターは、ワクチンの2回目の投与から6か月後に行うことができます」と彼は言いました。

それでも、ズバイリ教授は、新しい追加免疫ワクチンの優先順位は、医療従事者、公務員、併存症のある人々、および高齢者グループであることを思い出させ、追加免疫ワクチンがワクチンの1回目と2回目の投与と同じくらい安全であることを確認しています。

「ブースターワクチンは、75歳近くで併存症のある私のような高齢者にとって安全です。私は糖尿病、高血圧、心臓手術を受けています」と彼は言いました。

一方、ワクチン学者の博士、スカムト・クスノ氏は、ある時点でワクチンによって刺激された免疫力は、低下する時期が来ると説明します。

したがって、減少した抗体が再び増加することを期待して、ブースターを打つ必要があります。

「原則として、ワクチンは同じ、または異なる物をブースターとして使用しても、抗体を増やすことができます」とスカムト氏は述べています。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す