皆様とどうぞ共有ください!

記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>

<簡単解説>

インドネシアのロンボック島で行われてる「スーパーバイク世界選手権」にて、観客からスリを行った、国際的なスリグループが、インドネシアの私服警官によって捕まった。

犯行に及んだスリの一部は、ジャカルタから来ていて、すでにジャカルタで犯行に及んでいた事がわかり、その中に複数の日本人が居た。

<コメント>

国際的なスリグループが、このスーパーバイク選手権で捕まったが、他国でも開催されているから、すでに情報を共有されていたと思われます。そこで、犯人には気付かれないように、私服警察が見張っていた。犯行に及んだ所を、現行犯で捕まえたようだ。

この事件が起こる前に、すでにジャカルタで、数人の日本人がスリにあっていた事は、供述からわかったようで、このスられた日本人は、気が付いた時にどうしたのか?まさか、このニュースを見て、届出を出すのだろうか?


Aksi Copet Jaringan Internasional Sasar
WSBK Mandalika Diungkap Polisi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 24 Nov 2021 06:29 WIB


警察は、西ヌサテンガラ(NTB)のロンボク島で開催された、マンダリカ・サーキット2021年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)で、観客をターゲットにした4人の国際ネットワーク「スリ」を逮捕。

彼らのネットワークスリは、来たる2022年のMotoGPイベントをターゲットにすることさえあります。

当初、先週の日曜日(11月21日)のWSBKイベントで、観客の群衆の中に居た4人のスリが逮捕されました。 警察はこのギャングを4人以上と話した。

「泥棒の一団は4人以上でした。しかし、捕まったのは4人だけでした。ロンボク島の外、つまりジャカルタから来ていました。

西ヌサテンガラの地方警察・ハリ・ブラタ氏の一般犯罪捜査局長は、月曜日(2021年11月22日)の記者への声明の中で述べた。

スリの行動は彼らの動きから警察にはわかりました。 逮捕された4人は、3人の女性と1人の男性で構成されていました。

入り口またはゲート3で、4件のスリ事件が起こりました。

「マンダリカ・サーキットで行われた、スーパーバイク世界選手権(WSBK)で、ゲート3の泥棒は、NTB警察によって仕込まれた私服警察に捕まりました。

「警官の尋問から、泥棒たちは犯行目的でやって来た。」と彼は説明した。

「ゲート3で最初に逮捕された1身からの情報に基づいて、4人の共謀者は首尾よく逮捕された」と彼は続けた。

逮捕の際、西ヌサテンガラの地方警察チームは、3人の加害者を逮捕後、マンダリカ・サーキットのすべての出口とロンボク島の出口を直ちにブロックしました。

その後間もなく、警官たちは他の3人の加害者を逮捕しました。彼らは全員女性でした。

彼らは西ロンボク県のレンバー港から、フェリーでジャカルタに戻るところだった時に逮捕されました。

「今、私たちは中央ロンボク警察で4人の加害者を確保した」と彼は言った。

犯人から、警察は4台の携帯電話のみを没収し、それは証拠として押収されました。

さらに調査したところ、スリ達は、大規模なイベントの視聴者を対象とした国際的なスリネットワークであることが判明しました。

「これはすべて国際的なスリネットワークの仕業です。

バタム、マカオ、セパンサーキット、シンガポールで犯行をしている。」と語った。

西ヌサテンガラの地方警察・ハリ・ブラタ氏、は火曜日(2021年11月23日)に記者団に語った。

この事実は、容疑者に指定された4人の逮捕後、彼らが2022年のMotoGPイベントでさらに実行することを計画していると、警察に知られるようになりました。

「そしてこの国際的グループは、2022年のMotoGPの間にマレーシア、トルコ、タイ、シンガポール、そしてフィリピンからスリグループを呼び寄せるでしょう。」ハリブラタ氏は言った。

ハリ氏は、容疑者はこの事件が起こす数日前に、すでに、スリをしていたことを明らかにした。

犠牲者の一人は日本のジャーナリストでした。

「土曜日には日本のジャーナリストの犠牲者が3人いた。日曜日にはエピセントリムモールで3人の犠牲者ともう1人でした。




Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す