記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
インドネシアで、またデング熱に気を付けないといけない事態になってきました。
軽い分には、まだ良いですが、重症になると亡くなられる方もいるという病気。日本ではあまり聞かない病気なので、インドネシアに来られた方は、お気を付け下さい。お腹の中にお子さんがいらっしゃる特に。
 
<コメント>
 
インドネシアでは、デングを運ぶ「蚊」の駆除のために、一軒家がならぶ場所では、その地域がまとまって、殺虫剤を撒いています。アパートでは、高い場所までは、上がってこないという事で、あまり話題になりませんが。特にお昼に外出している時に噛まれる事は、0ではないので、肌に付けるような防虫剤などを付けることで、防いでください。
 
例えば、このような物がコンビニでも売られています!
 

3 Cara Penularan DBD
yang Patut Diwaspadai

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 26 Nov 2021 08:20 WIB


デング出血熱(DHF)は、デングウイルスによって引き起こされる病気であり、死に至る可能性があります。 注意が必要なデング熱を感染させる3つの方法があります。

2020年保健省のデータに基づくと、デング熱は、49週目までに95,893人に達し、661人が死亡しました。

事件は34の州の472の地区/都市に広がっています。 デング出血熱による死亡は219の地区/都市で発生しました。

初期段階では、症状や徴候は特別ではなく、日常に良くあります。

したがって、デング熱を示す症状や兆候がある場合は注意が必要です。

デング熱の症状には、赤い斑点や皮膚の発疹の出現、終日続く、突然の高熱(通常39ºC)、弱くて無気力な感じ、冷たく汗をかいた手足、頭痛、腰痛、吐き気と嘔吐などがあります。

デング熱の伝染様式は何ですか?

世界保健機関(WHO)によると、デング熱を感染させる3つの方法があります。

  • 蚊から人間への感染

デング熱ウイルスは、感染したメスの蚊、特に熱帯シマカに刺されることで人間に感染します。

感染後、ウイルスは増殖し、唾液腺を含む蚊の体のさまざまな組織に広がります。

患者の血液を吸ってから約8〜12日後、蚊は他の人に感染させる準備が整います(外因性潜伏期間)。

このウイルスは、蚊の体内に一生残ります。

  • 人間から蚊への感染

一方、デング熱の伝染様式は、蚊が人間からデング熱ウイルスに感染する場合もあります。

この感染は、デング熱感染の症状がある人、まだ感染の症状がない人(前症候性)だけでなく、病気の兆候を示さない人(無症候性)からも発生する可能性があります。

人間から蚊への感染は、人が病気の症状を示す最大2日前、発熱が治まった後最大2日前のようです。

  • 妊婦から赤ちゃんへの感染

デング熱の主な感染経路は、人間と蚊の間です。

しかし、(妊婦から赤ちゃんへの)母体感染の可能性の証拠があります。

感染率は低いように見えますが、感染のリスクは妊娠中の妊婦のタイミングにも関連しているようです。

母親が妊娠中にデング感染した場合、赤ちゃんは早産、低出生体重、胎児機能不全に苦しむ可能性があります。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す