記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
外国からの来る外国人の検閲ルールは廃止できる。インドネシアの各州の協力と入国してくる出国する国の状況を把握できれば、パンデミック状態の今でさえも、規則の変更は可能であり、問題ありません。
 
<コメント>
 
日本やインドネシアを中心にコロナが落ち着いている国もあれば、韓国やEUやアメリカその他の国でも、まだまだ治っていない国も多々ある中、インドネシアでは、検疫ルールを変更して、外国人の入国を許可して、経済的な部分でも立ち直るきっかけを見ている。実際に、検疫日数を短くしているのも事実である。

インドネシアへの外国人旅行者の検疫規則は、要件を満たしている限り廃止することができます。

Covid-19処理タスクフォースの行動変更部門の責任者であるソニー氏は、インドネシアの州の状況が許せば、外国人旅行者の検疫を解除できると述べた。 彼によると、パンデミックの間、検疫規則の変更に問題はありません。

「要点は、衰退と縮小を続けるCovid-19問題を管理することです。国民は、状況に適応するために変更が加えられることや外国人の到着を理解する必要があります。

検疫の長さについては、私たちの状態を考慮に入れていること。

彼は、金曜日(2021年11月26日)にBeritasatu.comから連絡を受けたときに言った。

したがって、Covid-19タスクフォースには、各国がインドネシアを訪問できる外国人のグリーンリスト(渡航制限グループの事)があります。 他の国もこれを実施しています。 将来的には、これは継続的に評価されます。

彼によると、コミュニティの感染レベルが1から4に上昇する国は、もちろん非常に危険です。これも世界で監視されているため、インドネシアも検疫期間を短縮することで学習したので、感染の可能性があるかどうかを判断します。

「私たちは検疫だけでなく、Covid-19 PCRスワブテスト、完全な予防接種要件、および保護するためのケアも完璧です。

したがって、3日間の検疫要件で新しいケースが発生する可能性があるかどうかを確認します。もちろん、厳格な健康プロトコルに準拠する必要もあります」と彼は述べています。

ソニー氏は続け、感染のリスクが非常に低いと判断された場合、検疫は不要になります。

上記のように、存在するリスクに適応します。

したがって、Covid-19タスクフォースはリスクを最小限に抑えます。

一方、検疫のないトルコや、アラブ首長国連邦、モルディブのルールや方針はよくわかりません。もちろん、検疫を排除することによる、これらの国からの特別な配慮があります。

「しかし、まだ検疫が必要なのは、入国した初日はネガティブだったが、その後にポジティブであるように、海外からの旅行者からの陽性症例の兆候がまだあるので、検疫は行われます。と語った。

それはまだリスクがあることを意味します。そこで、Covid-19PCRスワブテストが適用されます。

ソニー氏はまた、インドネシア国家の政策が他国の政策と異なっているので、他の国と比較することはできないと述べた。

もちろん、規制するインドネシアの政策を、実施するのはインドネシア自身であり、外国ではありません。

「インドネシアが現在コミュニティ活動制限が1にあるのはなぜですか。他の国と比較する必要のない政策戦略があるからです。

インドネシアはCovid-19の症例を減らすことができ、うまくいけばそれがさらに減らし続けるだろう」と彼は期待した。

インドネシアへの入国を希望する海外からの旅行者に適用される検疫規定は常に変化しています。

当初、検疫規定は14日間施行され、この数字はゴールドスタンダードと呼ばれていました。しかし、その後8日になり、5日間のルールがあり、最後に3日間になりました。

Covid-19を取り扱う専門家チームのコーディネーターのウィク・アディサスミト氏、旅行者の検疫方針は、国内だけでなく海外、すなわち旅行者の出発国からの現状も考慮に入れていると述べた。

「旅行者が従う規則は、インドネシアの現在の状況だけでなく、旅行者の出国する国の状況も考えらて、慎重かつ具体的でなければならない」と語った。

ウィク・アディサスミト氏は、バーチャル記者会見の「2021年11月25日現在のインドネシアにおけるCovid-19の取り扱い」でBeritasatu.comからの質問に答えました。

一方、ウィク氏は、2年間続いたCovid-19パンデミックの間に、インドネシアは、海外旅行者の検疫に関連するものを含め、Covid-19の取り扱いについて学び、適応する準備ができて、「Covid-19パンデミックと共存して約2年間、インドネシアは多くのことを学びました。

現在、インドネシアは施設やインフラだけでなく技術的にも準備が整っているので、それに応じて、政府は検疫期間の調整を含む、適応型Covid-19制御を随時実施する予定です」とは述べています。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す