皆様とどうぞ共有ください!
記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
デルタ変異体の次に、怖い変異体が見つかり、モデルナとバイトテック2社のワクチン会社が、それ用にブースワクチンの開発を始めたという話題。
 
<コメント>
 
まず、この名前に、法則性はなくなっていた。ギリシャ文字を利用するという規則があったはずが、その順番が2つ飛んだ。Muまでは、順当に来たが、そこから2つ飛んで(nu, xi)3つ目になった。共産党書記長の名前に関連して、WHOが忖度したという説があるまで出てきた。
 

Moderna Buat Vaksin Booster
untuk Varian Omicron

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
土曜日, 27 Nov 2021 05:15 WIB


米国の製薬会社モデルナは、B.1.1.529またはOmicronの新しい亜種に対するCovid-19ブースターワクチンを開発すると発表。

オミクロン変異体は、WHO懸念のバリアント(VOC)のリストに含まれています。

モデルナ社は、オミクロン変異体が非常に心配であると考えています。 この追加免疫ワクチンは、コロナウイルス変異の脅威を克服するための物です。

「この変異は心配であり、過去数日間、この変異体に対処するための戦略のために可能な限り迅速に行動しました」と、モデルナ社のCEOであるステファン・バンセル氏は述べています。

一方、別のワクチン会社バイオテックは、この新しい亜種に対するワクチンの有効性を確認するために、より多くのデータを収集していると述べました。

バイオテック社はファイザーと共同で現在、さまざまな亜種を防ぐことができるワクチンを開発しています。

「私たちは専門家の懸念を理解し、すぐに変異体B.1.1.529の調査を開始しました。

遅くとも2週間以内に臨床検査からより多くのデータが得られると期待しています。」

バイオテック社は声明の中で述べた。

世界保健機関(WHO)は、以前、ボツワナ変異体またはB.1.1.529という名前であったこの変異体をオミクロンにしました。

この変異体は、WHO懸念のバリアント(VOC)に含まれています。

懸念の変異体は、伝達率が高く、毒性が高く、診断の有効性が低下するため、懸念の変種です。

オミクロンは、以前はWHOの懸念の変異体に含まれていた、他のいくつかのバリアントであるアルファ、ベータ、ガンマ、およびデルタのバリアントに加わります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です