タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
アフリカで新種の「変異種」オミクロンが見つかり、すでに4カ国(ベルギー、ボツワナ、イスラエル、香港)で感染者が見つかっている。
 
香港の疫学者は、感染力が強いので、国境の封鎖は遅すぎるかもしれないと、注意喚起している。
 
<コメント>
 
今でも話があるが、デルタプラスという変異体がシンガポールまで来ていて、インドネシアでも注意するようにと、保健相から注意があった。そのデルタプラスと違い、並行してこの話題。アフリカはイベルメクチンが国民に配られ、従来のコロナに効いたという、話があったが。今回の新変異体については、まだ多くの情報がまだないようだ。
 

Terlambat Batasi Perjalanan,
Omicron Terdeteksi di 4 Negara

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
土曜日, 27 November 2021 | 07:00 WIB


オミクロンという名前の新しいCovid-19亜種の発見は、金曜日(2021年11月26日)に世界的な警鐘を鳴らし、南アフリカからの旅行を一時停止するよう各国に促しました。

旅行制限が遅れて、4カ国で(新)変異体オミクロンを検出!

疫学者は、渡航禁止令が遅すぎてオミクロンが世界的に流通するのを止めることができないかもしれないと警告しています。

この新しい突然変異体「B.1.1.529」は、アフリカで最初に発見され、その後ベルギー、ボツワナ、イスラエル、香港で検出されました。

香港の疫学者は、最新の亜種による渡航禁止令を厳しくするには遅すぎたかもしれないと述べた。

香港大学のベン・カウリング氏は、「ウイルスはすでにどこかにいるでしょう。だから、今ドアを閉めたら手遅れかもしれない」と語った。

世界保健機関(WHO)は、オミクロンがより迅速に広がる可能性があると述べており、その証拠は、再感染のリスクが高いことを示唆しています。

オミクロンは、WHOによって指定された懸念の5番目の変種です。

英国の安全衛生局によると、この亜種は、ワクチンの元となったコロナウイルスとは、まったく異なるスパイクタンパクを持っており、現在のワクチンがどのように機能するかについて心配しています。

科学者たちは同様の警告を発しました。

「Covid-19ウイルスのこの新しい亜種は非常に心配です。 これは、これまでに見た中で最も変異したウイルスです。」

英国のウォーリック大学のウイルス学者であるローレンス・ヤング氏は言います。

「いくつかの突然変異は、感染の増加やワクチン接種または自然感染によって誘発される免疫に対して、部分的な耐性ができ、他の懸念のある変異株で見られる変化に類似します。」

インド、日本、イスラエル、トルコ、スイス、アラブ首長国連邦を含む他のいくつかの国も旅行制限を厳しくしています。

Covid-19は、中国中部で最初に確認されてから2年間で世界を席巻し、2億6000万人が感染し、540万人が死亡しました。

ブラジルの健康規制当局である「アンビサ」Anvisaは、一部のアフリカ諸国からの旅行を制限することを推奨しています。

しかし、ジャイール・ボルソナロ大統領はその動きを無視している様子。

ボルソナロ氏は、Covid-19のパンデミックの管理について、公衆衛生の専門家から強く批判されてきました。

彼は封鎖に反対し、ワクチン接種を受けないことを選択しました。

ブラジルは、米国に次いで、世界で2番目に高いウイルスによる死亡者数です。

クリスマス前に通常以上に、多くの人が屋内に集まる、ヨーロッパとアメリカで新しい亜種の発見されます。コロナの繁殖地になります。

金曜日はまた、米国でのホリデーショッピング期間の始まりましたが、お店は前の年に比べて混雑していません。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 旅行制限が遅れて、4カ国で(新)変異体オミクロンを検出! 旅行制限が遅れて、4カ国で(新)変異体オミクロンを検出! 旅行制限が遅れて、4カ国で(新)変異体オミクロンを検出! SakuraParkHotel

4 thoughts on “旅行制限が遅れて、4カ国で(新)変異体オミクロンを検出!

  1. 各国でそれぞれ変異株は発生していたがデルタ株が入るとデルタ株に変わってしまっていた。
    今回のオミクロンはそのデルタ株を駆逐してオミクロンに変えている。

    アフリカは検査数が非常に少なく、既に広がっている可能性もある。
    他の国でもPCR検査だけでは変異株の有無はわからない
    全ての国が協力してまず調査する必要があると思う。

    1. コメントありがとうございます。

      ウィルスも自分たちの種を生きるために、他の種を駆逐していくわけですね。
      基本的に共存は、できないのですね。戦い会うのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。