記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
年末年始の休み中は、普段の生活圏内に居て過ごすように、イン航空輸送と海上輸送の場合ドネシア政府は言っています。もちろんコロナ患者の感染拡大を防ぐために。それでも移動するなら、交通チケット購入さえも、ワクチン接種証明をしないとできません。
 
<コメント>
 
この政令で、国家公務員が先頭になって、地元に帰らないように政府からの勧告が出ています。また飛行機や船に乗る場合は、その時点で、抗原検査やPCR検査の結果も見せないと、乗る事ができません。

Masyarakat Tak Bisa Tunjukkan
Bukti Vaksin Tak Akan Dilayani
Beli Tiket Transportasi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
27/11/2021, 11:55 WIB


国家警察監察官デディ・プラセティオの広報部長は、次のように述べています。

Covid-19ワクチン接種証明を提示できない人は、2021年のクリスマスと2022年の年末年始のPPKMレベル3で公共交通機関のチケットを購入することはできません。

  デディ氏によると、特に航空輸送と海上輸送の場合、乗客は、さらにCovid-19の抗原スワブまたはPCRの結果が陰性であることを示す必要があります。

「公共交通機関については、すべてがレベル3に適用されます。

したがって、運輸省はそれを準備しました」と、金曜日(2021年11月26日)の国家警察本部での記者会見でデディ氏は言いました。

「たとえば、チケットを購入するには、1回目と2回目の予防接種を受けたことを示すことができなければなりません。たとえば、1回目と2回目の予防接種を受けていない場合、チケットを購入できません」

彼が説明した。

海上および航空輸送モードでは、抗原スワブ(1×24時間)をおよびPCR(3×24時間)陰性結果を使用することが必須です。

これらの結果がない場合、チケットは購入できません。

したがって、デディ氏は、2021年のクリスマスと2022年の年末年始の後に、Covid-19の症例が急増するのを防ぐための規則を一般の人々が理解することを望んでいます。

  「これはすべて、来たる年末年始休暇期間にCovid-19が急増する可能性に関心があるからです。」

 さらに、警察はクリスマスと新年の間にキャンドル作戦も開催します。

この作戦は、2021年の内務大臣第62号の指示に応じて、2021年12月20日から2022年1月2日まで開催されます。

 「警察のために、彼らは他の同僚と一緒に、2022年12月20日から1月2日まで、キャンドル作戦を行うでしょう」とデディ氏は言いました。

デディ氏は、警察署長のエスティオ・シギット・プラボウォ氏が、彼のスタッフがろうそくの操作を最大化および最適化する必要があると、強調しました。

キャンドル作戦とは、警察がクリスマスと新年の間に人たちの移動をコントロールするために、さまざまな各所にPPKMも詰所を確立することです。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel


     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。