記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
シンガポール政府が決めた規則に従えば、今日からシンガポールへ観光で入国できます。
 
<コメント>
 
この決定は、何もインドネシアだけではなく、Finland, India, Indonesia, Malaysia, and Swedenなども可能になった模様。詳細は以下のサイトで確認できます。
https://safetravel.ica.gov.sg/arriving/overview#lanelist

Mulai Hari Minggu Ini,
Turis Indonesia Bisa
ke Singapura Tanpa Karantina

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
日曜日, 28 Nov 2021 09:05 WIB


シンガポールは、インドネシアを含む観光客に多くのリラクゼーションを提供しています。 今週の日曜日(2021年11月28日)から、インドネシアの観光客は検疫なしで入ることができます。

このニュースは、COVID-19処理タスクフォースのスポークスパーソンである教授、ウィク・アディサスミトによって確認されました。

detikTravelが日曜日(2021年11月28日)のプレスステートメントで引用し、ウィク教授は、シンガポール政府はインドネシアからのすべての旅行者の入国を許可したと述べました。

これは、2021年11月28日から始まるシンガポールのワクチン接種済みトラベルレーン(VTL)スキームに準拠しています。

このスキームでは、基準を満たすインドネシアからの旅行者は、到着時に検疫を行うことなくシンガポールに旅行することができます。」

Covid19.go.idの公式ウェブサイトに書かれているようにウィク氏は説明しました。

シンガポールに入国するには、インドネシアからの旅行者は、VTLフレームワークの要件と基準を満たしている必要があります。

つまり、WHOによって承認されたワクチンを使用した完全なワクチン接種。

WHOによって認識され、インドネシアの人々に与えられたさまざまなワクチンがあります。つまり、ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、シノファーム、シノバックです。

シンガポールへの旅行の他の条件は、インドネシア国民のためのPeduli Lindungアプリケーションの利用と出発前最大2日以内の陰性PCRテスト結果を示しす事です。

さらに、到着時にチャンギ空港でのPCRテストを予約して支払う。

そして、シンガポールへの旅行の要件は、短期間の訪問者に対して最低30,000シンガポールドル(3億1,300万ルピア)の補償範囲を持つCOVID-19保険に加入することです。

「詳細については、次の公式Webサイトでアクセスできます:https://safetravel.ica.gov.sg」とウィク氏は結論付けました。

シンガポールへの旅行の条件は簡単になっていますが、旅行者は依然として警戒する必要があります。 その理由は、シンガポールでのCOVID-19感染のケースはまだ危険なレベルにあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。