記事をお読みになるのにお時間がない方や、詳しい話は、よくわからないから、簡単に、シンプルに理解したい方々のために、<簡単解説とコメント>始めさせていただきます!
 
<簡単解説>
 
ここ2〜3日で急に世界で騒ぎ出した、オミクロン変異体が、インドネシアにすでに入ったかどうか、確認するためにも、11月26日以前に入国した、アフリカ大陸からの外国人を再調査するように、インドネシア大学医学部教授が言った。
 
<コメント>
この世界的な脅威は、アフリカ大陸からの人間だけでなく、アフリカ大陸と行き来のしていない人たちがいる場所でも感染者を発見されたというので、パニック状態になりつつある。
 
またこの変異体は、従来の変異体が変異してきた以上に、変異した箇所が極端に多いという意味でも、恐れられている。

Cegah Omicron, Ahli Minta RI Periksa
Kedatangan Sebelum 26 November

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
日曜日 28 Nov 2021 15:45 WIB


インドネシア大学医学部のチャンドラ・ヨガ・アディタマ教授は、特に11月26日より前にアフリカ大陸から到着の外国人を再調査するよう政府に要請した。

チャンドラ氏は、Covid-19の新しい亜種であるオミクロン変異体を確認した地域からの外国人の到着があるのではないかと心配しています。

「彼らが現在健康であるかどうか、あるいは全ゲノム配列の決定を含め、慎重に分離して処理しなければならない病気があるかどうかを調査する必要がある」とジャンドラ氏は日曜日(11月28日)に受け取った声明で述べた。

WHO東南アジアの元局長はまた、オミクロン変異体の詳細な調査を実施しながら、政府がすべての外国人の到着に対して14日間の検疫を再実施することを提案しました。

彼はまた、外国人の到着に対してより適切な検疫施設を直ちに提供するよう政府に要請した。

一方、チャンドラ氏は、移民総局によって発行されたアフリカ諸国からの入国を制限する規則は、G20代表を除外したため、まだ十分ではないと判断しています。

彼によると、政府は例外なくすべての外国人到着者のより厳しい検査を実施する必要があります。

「この入国管理局長官からの回覧では、G20に関連する会議に出席する外国人には例外があるため、彼らも厳格な検査を受け、適切な検疫期間が必要があります」とチャンドラ氏は述べています。

移民総局は、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、エスワティニ、ナイジェリアの8か国からの外国人のインドネシアへの入国を一時的に禁止し、明日月曜日(11月29日)から発効します。

オミクロン変異体の蔓延は、専門家が恐れている、既存のCovid-19ワクチンの有効性を低下させる可能性があるとされる、多くの変異を持っているため、引き続き世界的な懸念事項です。

さらに、この亜種は、ベルギー、ドイツ、イングランド、イタリア、イスラエル、香港、オーストラリアなど、いくつかの国でも見られます。

オーストラリアは日曜日(11月18日)にCovid-19変異体のオミクロン2例を検出しました。

両方のケースは、アフリカ南部からシドニーへの乗客をチェックする事で検出されました。

2人の乗客は、ドーハ経由でカタール航空経由でオーストラリアに来ました。

世界保健機関(WHO)は、オミクロン変異株を懸念のある変異株(VOC)または最初に特定されてからわずか17日後に警戒の高いとされる変異株として指定しています。

以前は、世界のCovid-19パンデミックの大きな波を引き起こしたインドのDelta変異体は、VOCとして指定されるまでに最大7か月かかりました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 


    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。