タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
 
<簡単解説>
 
昨晩遅く、政府はこの新変異体「オミクロン」を警戒して、本日月曜日11月29日(月)から隔離期間を3日から7日へ延長しました。
 
<コメント>
 
短期間に感染させるという特徴を持つこの変異体は、南アフリカを中心に、一部ヨーロッパから発生しました。先日から当サイトでもお知らせいたしましたが、まだまだ、わからない事があるので、このような緊急で検閲期間を延ばしました。
 
<関連記事>
 

Efek Omicron,
Luhut Perpanjang Masa Karantina
WNA-WNI Jadi 7 Hari

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 29 Nov 2021 06:08 WIB


政府は、海事投資調整大臣のルフット・ビンサル・パンジャイタン氏を通じて、海外から来る外国人市民とインドネシア市民の検疫期間を3日から7日に変更しました。

オミクロンの影響!インドネシアと外国人の検疫期間を7日間に延長

この政策は、コロナウイルスのオミクロン変異体(Covid-19)を防ぐために行われました。月曜日(11月29日)の午前0時1分(00.01WIB)から実装されます。

ルフット氏は日曜日(11月29日)の記者会見で、「政府は、ポイントA<※1>に記載されている国以外からの外国人およびインドネシア国民の検疫期間を過去3日間から7日間に延長する」と述べた。

<※1>ポイントA

南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、マラウイ、アンゴラ、ザンビア、香港を含む

これは、インドネシアに入国するこれらの国以外の外国人およびインドネシア国民は、7日間の検疫を受ける必要があります。 一方、10カ国から到着したばかりのインドネシア国民は14日間隔離されなければなりません。

「インドネシアに戻り、上記のポイントAの国からの旅行歴があるインドネシア国民の場合、彼らは14日間隔離されます」と彼は言いました。

さらに、ルフット氏はまた、コロナウイルスのオミクロン変異体について、慌てないように国民に訴えました。 ルフット氏は、政府がさまざまな措置を講じたことを確認しました。

その後、ルフット氏はすべての関係者に、健康プロトコルの規律とPeduli Lindungアプリケーションの使用を改善するように依頼しました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife オミクロンの影響!インドネシアと外国人の検疫期間を7日間に延長 オミクロンの影響!インドネシアと外国人の検疫期間を7日間に延長 オミクロンの影響!インドネシアと外国人の検疫期間を7日間に延長 SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。