<簡単解説>
 
この急な変異体オミクロンの出現で、インドネシアでも困惑している中、経済も止めたくない、そしてこれまでの新型コロナを抑えこめた自信から、問題の11か国からの入国は2週間の隔離で、その他からの国では、1週間の隔離という政策に変更した。
 
<コメント>
 
この問題で、世界中に激震が走り、日本では、取り上げず、外国人の入国自身を取りやめた。
この変異種の姿が見えてくる1週間〜2週間後に、いずれかの答えが出てくるだろう。

Hadapi Omicron Tak Lockdown,
Luhut:Tidak Menyelesaikan Masalah

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
29/11/2021, 10:36 WIB


政府は、Covid-19 B.1.1.529オミクロンの新しい亜種の拡散される可能性で、完全な封鎖を実施しないと決定しました。

ルフット・ビンサル・パンジャイタン投資海事調整大臣は、次のように述べています。

政府は、Covid-19の取り扱いに関連する政策の作成においてバランスを見つけようとしています。

「封鎖は問題を解決しないからです。ロックダウンした多くの国が実際により多くの攻撃を受けていることがわかります」と彼は日曜日(2021年11月28日)の仮想記者会見で述べました。

我々はそれどころか、PPKMや安定した方法を取るアプローチを取ります。

彼によると、現在インドネシアはCovid-19に対応し、克服する上でより優れた能力を持っています。

「私たちは注意深く見守っています。それで十分だと思います」と彼は言った。

Covid-19の新しい亜種の侵入を防ぐために、政府はインドネシアに到着の侵入ゲートを厳しくすることを決定しました。

政府は、インドネシア到着前に、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、エスワティニ、マラウイ、アンゴラ、ザンビア、香港にて14日間以内の滞在記録がある外国人のインドネシアへの到着をブロックします。

一方、インドネシア到着前14日間以内にこれらの国を訪問した記録を持って、インドネシアに入国することを希望するインドネシア国民は、14日間の検疫が義務付けられています。

また、政府は、11カ国以外から海外から来る外国人やインドネシア国民の検疫期間を3日から7日に延長します。

これらの国のリストは、政府が実施する定期的な評価に基づいて増減する可能性がある」と述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。