タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
 
オミクロンの正体が、発生元南アフリカの医師から少しづつではあるが、明らかになっている。感染した時の症状は、いわゆる新型コロナの他の変異種とは、違う特徴がある訳ではないようだ。
 
<コメント>
 
やはり1番怖いのは、わからない事だ。知らない事ほど怖い物はない。少しづつではあるが、正体がわかってくると、パニックにならずに、冷静に対処できるようになる。さらに続報が出てきて、より明確になってくれる事を望むばかりだ。

Dokter: Gejala Varian Omicron
Mirip Covid-19 Lain,
Tapi Lebih Ringan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
月曜日, 29 Nov 2021 16:20 WIB


Covid-19ウイルスの新しい亜種であるオミクロン変異体は、現在世界の注目を集めており、南アフリカで最初に発見されましたが、他のウイルスとそれほど変わらない症状を示しています。

オミクロン変異体の症状は他のCovid-19と似て軽度(南アフリカ医師会)

インドネシア小児科協会(IDAI)の会員でもある小児科医、アンガライニ・アラム氏によるとは、オミクロンの亜種はデルタの亜種よりも非常に速く、さらに速く広がる可能性があると述べました。子供を攻撃した場合、他のウイルスとそれほど変わらない症状です。

「言ってみれば、子供に感染する他のウイルス感染症と同様で、区別するのは簡単ではない」と語った。

彼は月曜日(11月29日)のインドネシア小児科協会によって開催された議論で言った。

一般的な症状は、倦怠感、頭痛、その他の病気の症状です。

このオミクロン変異体は、他のCovid-19変異体の症状とまったく同じです。しかし、他の変異体との違いは、このウイルスは突然の変異率が高い(変異した場所が多い)と言われているため、症状が軽度であっても感染が速いことです。

したがって、抗原またはPCRのいずれかによるテストが、追い付いていかない事が、とても重要です。

どの変異体なのかを再度テストする必要があるので、サンプルは中央研究所に持ち込まれます。彼は言った。

以前、南アフリカの医師は、オミクロン変異体の症状が実際に非常に軽度または重度ではなく、自宅で治療できることも明らかにしました。

Covid-19のオミクロン変異体の症状は、南アフリカ医師会の議長であるアンジェリーク・コッツェー博士によって明らかにされました。

コッツェー氏は、Covid-19バリアントB.1.1.529の患者を治療した最初の医師の1人でした。

コッツェー氏によると、彼のクリニックの患者は、体の痛みと頭痛を伴う2日間の極度の倦怠感の症状がありました。

彼によると、これらの症状はウイルスによる感染症としては普通です。

COVID-19の症状とは対照的に、オミクロン変異体は、Covid-19患者の他の変異体が一般的に経験するような味覚や嗅覚を排除しないとも呼ばれます。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife オミクロン変異体の症状は他のCovid-19と似て軽度(南アフリカ医師会) オミクロン変異体の症状は他のCovid-19と似て軽度(南アフリカ医師会) オミクロン変異体の症状は他のCovid-19と似て軽度(南アフリカ医師会) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。