Dokter Penemu Omicron:
Gejalanya Ringan Saja

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 29 November 2021 | 18:53 WIB

<簡単解説>
 
オミクロン変異体を見つけた医者の1人からの告白。症状は軽い物。今までの変異体と比べても、驚く程恐ろしい症状にはなっていない。
 
現場にいる自分が言っている事を、そのまま伝えている
 
<コメント>
 
実際に診察した現場の医者からの証言が出てくるようになってきた。この話をそのまま100%信じて良いかはわからないが、正直に証言してくれた、勇気には感謝したい。
 
情報を隠蔽するようなC国とは、比べ物にならない。早く全貌が分かるように頑張って欲しい!
 

Covid-19の新しい亜種であるオミクロンを最初に発見して世界に警告した南アフリカの医師は、その症状はデルタ亜種の影響と比較して比較的軽度であると述べました。

11月18日、異常な症状を訴えた多くの患者により、オミクロン感染が検知されました。他の亜種による症状とは異なります。

「当初、33歳前後の男性患者…彼はここ数日で非常に疲れていて、痛みと少しのめまいに伴う関節痛があったと私に言いました。」

南アフリカ医師会の議長であるアンジェリーク・コッツェー博士は、BBCとのインタビューで語った。

喉の痛み、少しのかゆみはありますが、他のコロナウイルスの一般的な症状である味覚や嗅覚を失うことはありませんでした。

コッツェー博士によれば、男性患者は、彼の家族と同様に、その後にテストされ、Covid-19に対して陽性の結果であったと続けました。

同じ日に、他の多くの新型コロナ患者が、Delta変異体の影響とは異なる、同じ症状を経験していることがわかりました。

そのため、この医師は、彼もメンバーである南アフリカの予防接種諮問委員会を通じて警告を広めました。

オミクロン変異体を持っていると検出された他の患者も同じことを経験しました。非常に軽度の症状。彼の同僚はまた、オミクロンの別の患者を見つけました。

南アフリカで診察しました。

私は、南アフリカでその現場で診察していた事を忘れないでください。

とても軽い症状です。

私たちは誰にも入院を命じなかった。私は同僚と話して、そして彼らも同じようなイメージでした」と彼は付け加えた。

デルタは依然として優勢です。

世界保健機関(WHO)は、この亜種の性質を理解するには数週間かかる可能性があると述べています。

したがって、オミクロンが現在のCovid-19ワクチンおよび薬剤に耐性があるかどうかは不明です。

コッツェー博士による最初の観察は少数のケースですが、専門家は大規模に変異する能力を恐れていましす。

予備的な証拠としては、この変種は、コロナに感染した人々に再度攻撃する可能性があることを示唆しています。

南アフリカでは、この亜種は他の亜種よりも早く広がります。

新型コロナの症状は、2019年後半に中国で最初に検出されて以来、大きく変化しました。

イギリスとインドで最初に発見されたアルファとデルタの亜種は、従来の物よりひどい頭痛と喉の痛み、そして風邪と発熱を引き起こします。

新型コロナの症状のリストには、発熱、咳、疲労感、息切れ、呼吸困難、関節痛、めまい、味覚と臭いの感覚の喪失、喉の痛み、鼻水、吐き気、下痢が含まれます。

WHOの広報担当マーガレット・ハリス氏は、現在英国、フランス、イスラエル、ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリア、オーストラリア、カナダ、香港で検出されているオミクロンについて早期に警告を発してくれた南アフリカに感謝していると述べた。

ハリス氏は、WHOはこの変種のために渡航禁止令を望んでいないと付け加えたが、多くの国が慎重な姿勢を取っていることは理解した。

WHOによると、今日の世界で最も支配的な変種は依然としてデルタです。

WHOの主任科学者である、スワミナサン氏は、次のように述べています。

「したがって、この新しい変異体に関する詳細情報を待つ間、デルタは依然として私たちの優先事項だと思います」と彼女は付け加えました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
     

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel


    2 thoughts on “オミクロンの症状は軽度!(発見した医師)

    1. 本日、日本で見つかったオミクロン株の観戦者は7月に2回目の接種(モデルナ)を済ませた方です。
      感染や変異に対して効果の強いモデルナ接種者という事に少しショックを受けています。
      各国でそれぞれ変異株は発生しましたが、デルタ株が入ると全てデルタ株に置き換わっていました。
      それが南アフリカではデルタ株から80%オミクロン株に置き換わっています。
      それも各国の変異株が2ヶ月半かかってデルタ株に変わっていたのに、南アフリカでは15日間でデルタ株→オミクロン株に変わっています。
      絶対に侮っては行けないと思います。

      1. コメントありがとう、ございます。
        どうやら、この新型コロナ、あるいはインフルエンザもそうかもしれませんが、
        それぞれの変異体同士で、生死をかけて、味方同士で闘うようですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。