<簡単解説>
このオミクロン変異体が、今でも猛威を奮う「デルタ変異体」に変わり、主導権を握る可能性がある。いままでの新型コロナの推移を見ると、1つの変異体が流行ろうとすると、今まで流行っていた型が負けて、消えていく傾向がある。
<コメント>
元の原型(武漢)からアルファ型へ、そしてデルタ型に変わって、流行って来ました。その歴史を見ると、彼らの傾向が見えて来ます。専門家も話しています。強者が現れと弱者が消えていくという法則。


Varian Omicron Bisa Kalahkan
Dominasi Varian Delta,
Ini Kata Pakar Penyakit Afrika Selatan

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
01/12/2021, 08:01 WIB


南アフリカの病気の専門家によると、オミクロンの亜種はデルタの優位性を追い抜いた可能性があります。


コロナウイルスの新しい亜種であるオミクロンについて、このような報告が初めてされました。
オミクロン変異体がより感染力があることが知られる前は、デルタ変異体はすでにコロナウイルスの最も感染性の高い変異体になっていました。
それがインドで最初に現れたとき、デルタ変異体はインドでひどいCovid-19津波を引き起こしました。
その後、世界中で優勢な亜種になりました。水曜日(2021年12月1日)にロイターから引用された、オミクロンの亜種の発見は世界的な警戒を引き起こしました。
新型コロナのこの新しい変異体が非常に急速に広がることを恐れて、世界の多くの国が南アフリカからの旅行を制限し始めています。
実際、オミクロンのこの変異体は、ワクチン接種を受けた集団にも感染する可能性があります。
世界保健機関(WHO)は、これによりCovid-19の症例が急増するリスクが高くなると述べました。
南アフリカの感染症専門家は、オミクロン変異体が、伝染性の高いデルタ変異体に取って代わるか、デルタ変異体を打ち負かす可能性が最も高いと主張しています。
「私たちは何がデルタを打ち負かすだろうと考えましたか?少なくとも伝染していくという事に関しては、それは常に問題です。そして、このオミクロン変異体は確かに変種の一種です。」
南アフリカ国立伝染病研究所(NICD)の常務理事であるエイドリアン・プレン氏はロイターに語った。
B.1.1.529バリアント、または現在一般にオミクロン変異体として知られているものがデルタ変異体よりも伝染性が高いことが判明した場合、このCovid-19変異体により、コロナ感染者の急激な増加を引き起こす可能性があります。
専門家はまた、オミクロン変異体の感染が病院での治療に圧力をかける可能性があることを懸念しています。
ピューレン氏は、科学者は少なくとも4週間以内に、Covid-19のオミクロン変異体の特徴についてもっと知る必要があると述べた。
科学者は、オミクロン変異体が、再感染の前にできていた免疫だけでなく、Covid-19ワクチンによって生成された免疫から、どの程度回避するのかを知ることができるはずだと強調しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    2 thoughts on “オミクロン変異体はデルタ変異体の優位性を打ち負かす!(南アフリカの医療専門家)

    1. 日本で見つかった2人(2回目接種)は7月にモデルナと10月にファイザーの方々です。
      効果の高い2社の製品
      死滅したウイルスを素材として使用しているシノバックに効果は全く期待出来ないのではと思います。

      1. コメントありがとうございます。
        こうなると、みんなのためのワクチンですね。
        直接個人個人の命というより。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。