<簡単解説>
雇用創出オムニバス法が制定されましたが、この法律について、憲法裁判所が違法であると判断を示した。それによって、起業家や投資家が行う新たな投資に、躊躇するのではないかという懸念が出て来る
<コメント>
この法律のまず、そもそも良くない事は、いくつもの法律を1つまとめて、成立させてしまった事。それによるさまざまなトラブルが起きている。まず長い文章である中。問題点が山住の法律だった。投資家には有利で、労働者には不利というレッテルを完全に貼られ、労働者には理解が得られていない。


MK Minta UU Ciptaker Direvisi,
Realisasi Investasi Berpotensi Tertunda

オンラインメディア「JawaPos」が伝えています!
30 November 2021, 23:38:13 WIB


政府は、雇用創出オムニバス法に関する憲法裁判所(MK)の決定にも、投資を促進で投資家または起業家に保証する。


しかし、経済法研究センター(Celios)のビマ・ユディスティラ局長によると、憲法裁判所の判決によって、起業家や投資家から何らかの見方が出てくるでしょう。
判決の中で、雇用創出オムニバス法が非常に高い法的不確実性を反映しているため、ビジネスの不確実性があります。これは投資の持続可能性に大きな影響を及ぼします。
「一部の起業家や投資家は、明確になるまで投資の実現を遅らせる可能性があります。なぜなら、修正には最大2年間与えられたからです」と、火曜日(11月30日)にビマ氏はJawaPos.comに言いました。
このため、ビマ氏は、雇用創出オムニバス法の改正を最適に加速するよう政府に助言した。
「たとえば、新しい法律を制定する必要がありますか、それとも、現在すでに施行されている、すべての政府の決定を完全に見直しますか?」と追加した。
さらに、ビマ氏は、憲法裁判所の決定は改革を実施する上で、政府とDPR(国会)に対して重要な教訓となったと述べた。
以下のようなすべての手続きは行われなければなりません。
この場合、さまざまな関係者からの意見が必要となるため、改革に関連する法律を正式に起草する際には、許認可関連に関する人たちや官僚などさまざまな方面の人たちを巻き込む必要があります。
「許認可・ライセンス改革に関しては、継続して実施することが重要です。
問題は、条件付きで違憲である、雇用創出オムニバス法に関する憲法裁判所の判決の結果も政府は尊重しなければならないことだ」と述べた。
ビマ氏は、この法律が、労働者にトラブルを引き起こしていることは辛い事です。一方、この労働改革は排外的です。
「憲法裁判所が違憲であると宣言したので、これは社会的騒動に影響を与えることが判明しました。ですから、これは重要な教訓です」と語った。
ビマ氏はまた、政府は、効率性の目的と、官僚が行うより迅速な手続きの目的も、汚職撲滅の問題と、絡めて考えなければならないという明確な概念を持たなければならないと付け加えた。
一方、インドネシア共和国大統領のジョコ・ウィドド氏は、雇用創出法は憲法裁判所による改正命令を受けたものの、構造改革、規制緩和、官僚化の問題に対する政府のコミットメントは継続すると強調した。
同氏は火曜日(11/30)に、「私は、投資とビジネスの容易さのために、法的確実性と政府の支援を主導し続ける」と述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。