タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Syarat Baru Perjalanan
Internasional Penumpang Pesawat
Waspada Omicron


オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 01 Dec 2021 18:12 WIB


運輸省は、南アフリカからオミクロンという名前のCOVID-19変異体が発生したため、旅客の国際旅行規則を強化しました。そのうちの1つは、検疫期間を3日から7日に延長することです。

変異体オミクロンを警告する新条件(国際旅客機の乗客)

これは、Covid-19パンデミックの際に、海外からの旅行者の航空輸送に関するガイドライン、2021年の通達番号SE102に記載されています。

ただし、特定の国からの乗客には最大14日間の検疫が課せられます。問題となっている国は、南アフリカ、ボツワナ、香港、アンゴラ、ザンビア、ジンバブエ、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、エスワティニ、レソトです。

さらに、インドネシア国民である乗客は、最大2回の接種でCOVID-19ワクチン接種カードを提示する必要があります。ワクチンを接種していない場合は、インドネシア到着時に検疫所でワクチンを接種することができます。

一方、外国人の乗客は、2回接種のCOVID-19ワクチン接種カードを提示する必要があります。次に、出発の最大3日前にリアルタイムPCRテストの結果を表示し、その結果をインドネシアの国際保健検査官またはe-HAC(電子健康状態申告書)に添付する必要があります。

現在、インドネシアは、タンゲランのスカルノハッタ空港マナドのサムラトゥランギ空港バリのイグスティングラライ空港バタムのハンナディム空港タンジュンピナンのラジャハジフィサビリラ空港など、いくつかの地域でいくつかの入国のドアを開いています。

観光地の場合、乗客はバリ・イグスティングラライ空港、バタムのハンナディム空港、およびタンジュンピナンのラジャハジフィサビリラ空港からのみ入国できます。ただし、観光客はいくつかの条件を満たす必要があります。

上記の禁止されている国に、過去14日間に旅行していないなどの条件で、covid-19ワクチンを規定の容量接種済みし、直行便を使用する必要があります。

具体的には、バリ・イグスティングラライ空港は2時間に1回のフライトしか提供できません

参考までに、南アフリカのオミクロンという新しいCovid-19の亜種が広まったため、政府は海外からのすべての輸送モードの旅行規則を再び厳しくしました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 変異体オミクロンを警告する新条件(国際旅客機の乗客) 変異体オミクロンを警告する新条件(国際旅客機の乗客) 変異体オミクロンを警告する新条件(国際旅客機の乗客) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。