タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
インドネシアも南シナ海の一部を領海していて、その名前が「ナツナ海」。その領域内で石油と天然ガスの掘削をしていたインドネシアに対して、中国から抗議文が届いた。

<コメント>

中国からすれば、日本やその下台湾やインドネシアまでの一部海域を通らないと、海に出ていけない、太平洋に出て行けない。しばらく前から、中国は、海に向かって自分たちの影響力を広げていくという国策があり、その中で自分たちの領土であれば、誰にも文句を言わせないという事で、この地域まで自分たちの領土であると言い始めた。これを阻むアメリカ軍とインドネシア軍が、軍事演習している事も、気に入らないのは当然だ


China Pernah Minta RI Setop Bor
Minyak dan Gas di Laut Natuna

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 01 Dec 2021 19:12 WIB


中国が南シナ海地域でインドネシア共和国が実施した石油と天然ガスの掘削に関して外交的抗議を行ったことが明らかになった。

中国はインドネシア領土のナツナ海で、インドネシアが石油とガスの掘削を停止するよう要請!

特にナツナ海のインドネシア排他的経済水域(EEZ)にてインドネシア政府に2つの天然資源の掘削をやめるよう、北京は主張した。

この抗議は両国間の関係を熱くした。

この抗議は、中国政府が北京の領土と見なしている沖合地域での掘削を停止するインドネシアに命じる内容で、中国の外交官によって提出された。

インドネシアの衆議院委員会Iのメンバーであるムハンマド・ファルハン氏によれば、抗議はインドネシア外務省に手紙で与えられた。

ロイター通信によると、ファルハン氏は、「私たちの答えは非常に確固たるものであり、それが私たちの主権であるため、掘削をやめない」と述べた。

「(手紙は)少し脅迫的だ。中国の外交官が「九段線」<※1>の議題を海洋法の下での私たちの権利に向けて、主張したのは初めてだったからだ」とファルハン氏は付け加えた。


<※1>九段線、またはU字線、牛舌線は、南シナ海にあるスプラトリー諸島やパラセル諸島の領有権及び両諸島周辺の領海、排他的経済水域、大陸棚といった海洋権益問題に関して、1953年から中華人民共和国と中華民国がその全域にわたる権利を主張するために地図上に引いている破線である。断続する9つの線の連なりにより示される。 ウィキペディア


この手紙の存在は、ロイターがインタビューした3つの情報源によっても確認されました。 そのうちの2つは、中国がインドネシアに南シナ海での掘削を停止するよう繰り返し要求したと述べた。

しかし、この抗議がいつ行われたかについての詳細は不明です。

さらに、中国は昨年8月に実施されたガルーダシールド軍事演習にも抗議した。 この演習には、2009年以来定期的な活動で、米国とインドネシアの軍隊4,500の合同部隊が参加しました。

正式な書簡の中で、中国政府はこの地域の安全保障の安定性(SCS)について懸念を表明した、と語っている。

現在、中国の抗議の原因となっている地域は、国連海洋法条約に基づくインドネシアの排他的経済水域(EEZ)の一部である南シナ海の南端です。インドネシアは2017年にこの地域を北ナツナ海と名付けました。

中国はその地域をインドネシアの一部として認めることを拒否している。中国は、北ナツナ海は、2016年にハーグの常設仲裁裁判所で法的根拠がない国境の主張である九段線の領土主張の一部であると主張しています。

しかし、中国がインドネシアの最大の貿易相手国であり、両国の投資源であることを考えると、インドネシア政府が抗議することは難しい。ファルハン氏とロイターの他の2つの情報筋によると、インドネシア政府当局者は、中国との外交紛争を防ぐために、この問題について沈黙を守ることを選択した。

彼は、政府がこの抗議に関して可能な限り静かにしたいと思ったと付け加えた。なぜなら、それが何らかのメディアに漏れた場合、それは外交事件を引き起こすからである。

<略>


カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife 中国はインドネシア領土のナツナ海で、インドネシアが石油とガスの掘削を停止するよう要請! 中国はインドネシア領土のナツナ海で、インドネシアが石油とガスの掘削を停止するよう要請! 中国はインドネシア領土のナツナ海で、インドネシアが石油とガスの掘削を停止するよう要請! SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。