皆様とどうぞ共有ください!
<簡単解説>
インドネシアは、国民に向けて、役人が行う海外出張を除いて、海外へ出る事を禁じます。
<コメント>
外国人と海外からのインドネシア国民が入国の際の検疫期間は、12月3日から過去7日間から10日間に延長されました。
入国禁止や出国禁止などは、世界さまざまな国で行われているようですが、インドネシアも、まだある意味未知の新種感染を、恐れている証拠です。リスク回避。

Perhatian! Pejabat RI Dilarang
ke Luar Negeri

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
02 December 2021 07:50


インドネシアは現在、海外への出国を禁止しています。 これは、オミクロンコロナウイルスの新しい亜種の発生が影響しています。


ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資調整大臣は、木曜日(2021年12月2日)のプレスリリースで、「特に役人は海外旅行を禁じられている」と述べた。
ルールはすべてのレベルの役人に適用されます。 重要な州の任務を遂行する者を除いて。
ルフット氏はまた、インドネシア国民に海外へ行く意向を取り消すよう訴えた。 これは、パンデミックを抑制し続けるためです。
「一般の人々に向けて、それはまだ助言です。
したがって、インドネシア国民は最初に海外旅行をしないことをお勧めします。
これは、この国でのパンデミックを防ぎ、管理するためです」と述べた。
政府はまた、高齢者や脆弱なグループのために追加の聖なるワクチンを準備します。 計画は2022年1月に開始する予定です。
一方、外国人と海外からのインドネシア国民の検疫期間は、12月3日から過去7日間から10日間に延長されました。 以前は、11か国、主にアフリカ南部からのインドネシアへの入国が禁止されていました。
「もちろん、この新しい亜種に関する情報の理解を進め、調査している間、採用された政策は定期的に評価され続けます」とルフット氏は再び述べました。


Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください