タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
インドネシアでワクチン接種が一部停滞しているという。理由として、シノバックワクチンを打ちたい人が現れ、その方々が躊躇している。その他のワクチンの在庫はあるので、政府として他のワクチンを打たせたいが、思うように行かない。
<コメント>
以前シノバック が始まり、その他のワクチンが少しづつ入って来ていた時に、人々はこのシノバックについて、どちらからと言うとネガティブなコメントが多かった。食塩水では?点滴と同じ成分では?などなど。それが今反対になっている。その理由は、やはり副反応の問題だ。モデルナを中心に、副反応がキツイ。微熱が続いたり、味がおかしいなどなどという話が出ている。

Gara-gara Vaksin Sinovac
Laju Vaksinasi Turu

オンラインメディ「Beritasatu.com」が伝えいます!
Rabu, 1 Desember 2021 | 16:32 WIB


保健省のCovid-19ワクチン接種の広報責任者シティ・ナディア・タルミジ氏は、今週ほぼ2、3回、Covid-19ワクチンの注射率が低下しました。

シノバックワクチンが原因で、予防接種率が低下!

彼女によると、毎日の注射率の低下は、多くの地域が他のワクチンの使用に消極的であるためです。

すべての地域は、他のワクチンブランドを使用するのではなく、シノバックワクチンの到着を待つことを選択しました。

「これは、多くの地域がシノバックワクチンの接種を待っているためです」とナディア氏はタイトルのある対話イベントで述べました。

水曜日(2021年12月1日)にオンラインで「予防接種の加速が低下するケースが続く」

ナディア氏によると、2期目のワクチン供給マップに基づくと、インドネシアにはシノバックワクチンではないワクチンがさらにあります。

その理由は、シノバックワクチンが最初の学期に広く使用され、現在、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカなどの他のワクチンがインドネシアのニーズを十分に満たすことができなかったためです。

したがって、ナディア氏は、現時点で供給されているシノバック以外のワクチンを使用することにより、地区/都市がワクチン接種を加速できることを望んでいます。

「たとえば、ワクチン接種の対象者が残っている県や都市があるのを見ると、スカブミ県はまだ100万人です。したがって、これは、現在のワクチンを使用してワクチン接種をすぐに完了することをお勧めします。」とナディア氏は述べています。

特定のワクチンブランドを選択したために多くの人々がワクチン接種を遅らせているという報告を受けたので、これは非常に重要であると彼は言いました。今日のインドネシアのすべてのワクチンは等しく良いですが。

彼女によると、ワクチン接種後の副反応が発生した場合、ワクチンによって免疫システムを刺激する際に起こる体からの正常な反応です。

「予防接種の減少を見ると多分以下の事が起きています。

それは、良くなっている最近の感染状況で安心したので、積極的になれない。あるいは、感染状況が改善していても、特定の種類のワクチンを待ったり、それを人々が選択しようとしている。でもそれをすることはできない。」と述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife シノバックワクチンが原因で、予防接種率が低下! シノバックワクチンが原因で、予防接種率が低下! シノバックワクチンが原因で、予防接種率が低下! SakuraParkHotel

1 thought on “シノバックワクチンが原因で、予防接種率が低下!

  1. この女子は不活化ワクチンを理解しているのか?🤭
    副反応が少ないのは抗体自体が出来ていない可能性もある
    チリやセーシェルの例をみれば、効果の低いワクチンだと証明されている。

    インドネシア国民はワクチンによって抗体を取得出来ているのか?
    クリニックや迅速抗体検査キット(ISO13485取得メーカー製)を使って検査すべきだと考える

    もし、抗体取得の割合が少なければ、間違いなく何れ感染爆発はすると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。