タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

WHO Tegaskan Belum Ada Kematian
Akibat Varian Omicron

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
金曜日, 03 Dec 2021 20:17 WIB


世界保健機関(WHO)は、金曜日(12月3日)の時点で、Covid-19のオミクロン変異体に関連した死亡の報告はなかったと述べました。

オミクロン変異体による死亡はなかったことを確認!(WHO)

「オミクロンに関連した死亡の報告は受けていない。」とWHOのスポークスマン、クリスチャン・リンドマイヤー氏はジュネーブで記者団に語った。

WHOは、世界中の国々がオミクロンの拡散を阻止しようとしているので、亜種に関する証拠を収集すると述べました。

「私たちは証拠を集めており、できる限り多くの証拠を見つけるだろう」とスポークスマンは付け加えた。

その後、リンドマイヤー氏はすべての国に、特にオミクロンの亜種のテストと分析を続けるように依頼しました。

「私たちはまた、より多くの事件、より多くの情報と希望を見つけるでしょう。

但し希望しない死の可能性も含め」と述べた。

最初のオミクロン変異体は、今年11月に南アフリカのボツワナで報告されました。 現在、この亜種は、このほぼすべての国に伝播しています。

より広範な伝播を防ぐために、いくつかの国は、主にアフリカからの国境を閉鎖することを決定しました。

日本は外国人への扉を閉ざし、飛行機のチケットの販売をやめました。

一方、南アフリカ当局は、新しい亜種を検出したことで国境を閉鎖している多くの国々から罰せられていると感じています。

彼らはすでに新しい情報を共有しており、洗練されたゲノムシーケンスと新しいバリアントをより迅速に検出する機能を備えています。

オミクロンは現在、徐々に通常の生活に入り込み、景気後退から立ち上がろうとしている多くの国々の世界で、まさに新たな脅威となっています。

WHOはまた、この亜種を懸念のある変異株のカテゴリーに含めています。

当局はまた、オミクロンの亜種は他の亜種よりも感染率が高く、Covid-19の再感染を引き起こす可能性があると述べました。 ただし、より包括的な情報を得るには、さらに調査が必要です。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife オミクロン変異体による死亡はなかったことを確認!(WHO) オミクロン変異体による死亡はなかったことを確認!(WHO) オミクロン変異体による死亡はなかったことを確認!(WHO) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。