タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
オミクロン変異体の感染スピードが、とても速い事が、世界で頭を悩ませている。さらにこの記事では、重症化しないから危険ではないという言い方に拘って、解説している。
実際に患者の数が増える事は間違い無く、病院に負担がかかり、医療全体を考えたら負担になる事は間違いない。
公衆衛生上、社会全体で考えれば、これまでの変異体に比べて、時間的余裕がなくなる分、より危険であるという。
<コメント>
「感染力」という言葉では、感染スピード・感染による症状・感染の仕方などさまざまな事象をまとめて言っているので、考え方を整理しないと、時にむやみに心配だけしてしまう。

さらに「危険」という言葉も同様。この言葉の裏には、必ず比較されるはずの事象があるはずです。当然安全もそうです。

そこで、この点についても記した文章であれば、ほぼ正確に理解できる。次回からこの点も気にされて、記事を読まれたら良いかもしれません。


Epidemiolog: Virus Cepat Menular
Lebih Berbahaya Dibanding Mematikan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
土曜日, 04 Dec 2021 05:09 WIB


オーストラリアのグリフィス大学の疫学者ディッキー・ブディマン氏は、コロナウイルスのより死に至らしめるような亜種が最も危険であると考えられていたという見解は正しくないと述べた。

疫学者:高速感染ウイルスは、死に至らしめるようなウィルスよりも危険!

ディッキー氏によると、公衆衛生(※1)では、感染能力が50%高いコロナウイルスの亜種は、死に至らしめるような変異体の50%より危険です


(※1)公衆衛生:集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。<ウィコペディア>


「一般的に感染性が50%高い変異体は、特に致死性が50%高い変異体よりも、より大きな公衆衛生上の問題を引き起こすだろう」と彼は述べた。

金曜日(12月3日)のショートメッセージアプリケーションを介してCNNIndonesia.comから連絡があったとき、彼は言った。

ディッキー氏によると、コロナウイルスのより伝染性の高い亜種は、より多くの人々にさらされる結果になりました。

彼は、Covid-19に感染し、深刻な状態を経験している人々の20パーセントだけが治療されているという過小評価の見解に同意しません。(この資料は示されていない)

これは、割合は人の数に比例するためです。

これにより、治療を受ける人の数が増え、死亡者が増えます。

「たとえば、重病の治療を受けた人の20%、10万人の20%、50万人の20%、1000人の20%以上だったと言われています。結局、より多くの人が治療を受け、さらに多くの人が死亡した」と述べた。

一方、ウイルスの感染率が高いと、ウイルスにさらされて亡くなる人が増える可能性もあります。ディッキー氏によると、ウイルスにさらされた人たちの増えて、死亡率の割合はあまり変化しなかった。

「Covid-19の死亡率が平均1%、たとえば1%の場合、ICUの占有率は5%になります。現在、この5%の1%は同じ割合のままですが、その地域や国で病気になっている人たちの実際の数は、元々の人数によります。」と述べた。

したがって、死が最も危険であると考えられていると言うのは微妙な言葉では正しくないとディッキー氏は付け加えた。

したがって、ディッキー氏は、コロナウイルスの新しい変異体の存在を検出するために、全ゲノムシーケンス(WGS)の重要性を強調しました。

なぜなら、この方法はコロナウイルスの新しい亜種を監視するのに役立つからです。

シーケンシング(※2)と呼ばれるものは、解析率を少なくとも1%から2%と大きくする必要があります。この増加は、非常に励みになります」とディッキー氏は述べています。


(※2):シーケンシング:DNA構成成分アデニン(A)グアニン(G)シトシン(C)チミン(T)4つ塩基正確な配列解明すること。<ウェブリオからの引用>


以前、ブディ・グナディ・サディキン保健相は、インドネシアのオミクロン変異体(B.1.1.529バリアント)の蔓延を予測するために、全ゲノム配列決定(WGS)法を使用して、このコロナウイルスの検索結果をスピードアップしようとすると主張しました。

ブディ氏は、現在インドネシアには12のWGS試験所しかないことを説明した。

彼によると、この限界は、WGS試験が高額な事と限られた研究リソース(材料)しかない事によるものです。

さらに、彼は続けて、イルミナ(※3)技術またはオックスフォードナノポア技術機械を使用する必要がある。


(※3)イルミナ:アメリカの会社です。 1998年4月1日に設立されたイルミナは、遺伝的変異と生物学的機能を分析するための統合システムを開発、製造、販売しています。<ウィキペディア>


「現在、これらの12の研究所からのWGSが、2週間まで加速されていることが判明したので、可能であれば5日間、3日間に短縮します。」

ブディ氏は、バンドン工科大学同窓会のYouTubeチャンネルを通じて放送されたオンラインイベントで、木曜日(12月2日)に引用されたと述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife 疫学者:高速感染ウイルスは、死に至らしめるようなウィルスよりも危険! 疫学者:高速感染ウイルスは、死に至らしめるようなウィルスよりも危険! 疫学者:高速感染ウイルスは、死に至らしめるようなウィルスよりも危険! SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。