タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
今日時点でまだオミクロンがインドネシアに存在しないと思われている中、景気回復のためにも、十分に注意しようとする記事。国民全体で乗り切ろうという意志によるものです。
<コメント>

インドネシアではまだ、発見されていないと言われるこの変異種も、ゲノム解析(時間がかかる)を伴う検査がまだまだ進んでいないだけで、いずれは見つかるであろうとも言われている。国民へは注意勧告する中で、これまで鎮静化に成功しているインドネシアが再び、この変異体によるパンデミックを恐れている。


Waspadai Omicron! Jangan Sampai
Ganggu Pemulihan Ekonomi

オンラインメディア「Beriutasatu.com」が伝えています!
日曜日, 5 Desember 2021 | 17:45 WIB


投資大臣/投資調整委員会の責任者であるバーリル・ラハダリア氏は、政府がインドネシアに入らないように、さまざまな国を襲ったCovid-19オミクロンの亜種に警戒していることを明らかにしました。

オミクロンが国内の景気回復プロセスに干渉しないように!

オミクロン変異体にご注意! 景気回復を妨げないように

「先日までは、デルタ変異体であることに注意しましょう。

今回の新しいタイプのオミクロン変異体がインドネシア存在しないことを願っています」とバーリル氏は日曜日(2021年12月5日)のインドネシアの政治指標に関する議論で述べた。

彼は、政府が国内でのオミクロン変異体の出現を軽減するためにさまざまな措置を講じると説明した。

つまり、検疫期間を7日から10日に延長します。

それでも、彼は検疫方針に関連する多くの苦情を受けることを否定しませんでした。

なぜそんなに隔離しなければならないのですか?という事で、「海外から、私に抗議した多くの人に謝罪します。

私は、検疫せずに、問題が起きてしまうより

海事投資調整大臣大臣(ルフット・ビンサル・パンジャイタン)と

経済担当調整大臣(エアランガ・ハルタルト)による、Covid-19タスクフォースチームの決定に参加する方が良いと言いました。

だから今、私たちは国外、そして国内のためにPPKM(コミュニティ活動に制限)で人々を引き締め始めている」と彼は言った。

バーリル氏はコミュニティ全体が年末に移動するのを控えるように頼みました。

これは、Covid-19の拡散を防ぐためであり、国家経済回復のプロセスが再び抑制されないようにするためです。

その理由は、人の流動性が高いほど、Covid-19ウイルスが広がる可能性があるからです。

「新年に新た(今まで通りでない)な動きをしないようにお願いします。

移動すればするほど、新しいウイルスを流行らす可能性が高くなります。

私たちは自分たちの国を守ることを意識している」と語った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife オミクロン変異体にご注意! 景気回復を妨げないように オミクロン変異体にご注意! 景気回復を妨げないように オミクロン変異体にご注意! 景気回復を妨げないように SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。