タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
先日以来あった、PCR検査の高価格問題。大統領がこの値段を下げるようにという事で、3分の1程度まで下がりました。この事から起きるさまざまな問題の1つ。亜種が続々と出現してくる中、しっかりと検出できる品質が維持できるのか?これについて、保健相が答えた記事
<コメント>

普通に考えたらコストが下がれば、もちろん品質も下がるのが世界の常識。日本の常識みたいに、製造者や卸業者が泣くという事はありません。そこで業界の中から出て来ている話が、この発表について疑問を投げかけている。あまりにも急激で、極端に安くなった理由で、内部告発が出て来た。


Ada Omicron, Kemenkes Jamin
Mutu Alat Tes PCR
yang Dipatok Rp 300 Ribu Optimal

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
月曜日, 6 Desember 2021 08:34 WIB


保健省は、275,000ルピアから300千ルピアに設定されているPCR綿棒テストキットの品質を保証しています。

オミクロンが存在する中、保健省は30万ルピアでPCRテストキットの最適な品質を保証(?)

世界でバリアントB.1.1.529またはオミクロンのCovid-19症例が発生している最中でも、依然として最適な品質を保っています。

保健省のスポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ氏は、品質保証は、地域で流通しているPCRスワブ(綿棒)テストキットに関連する、「国立保健研究開発研究所」による定期的な評価の結果から得られたと述べました。

「国立保健研究開発研究所で、実験室の品質に関しての、配布許可を受けたすべてのPCRテストキット評価が行われています。つまり、製造者はそれらが高品質であることを確認しています。」

ナディア氏は、2021年12月5日日曜日にWhatsAppメッセージで言った。

これはまた、今年の終わりにオミクロンの亜種が原因でCovid-19の症例が広がる可能性がある中で、Covid-19の症例の追跡を確実になるように調査され、ナディア氏によって伝えられました。

一方、ナディア氏は、次のパンデミックの潜在的な爆発的増加を予測して、保健省では現在、液体酸素、ガスボンベ、酸素濃縮器の供給を準備していると付け加えました。

この急増を予測する事から行われる、適切な治療方法のために、私たちは薬の入手を確保します」

以前、医療研究所機器会社協会は、コミュニティで流通しているPCRスワブテストキットの大部分は技術的にレベルが低いと述べていました。

同協会のランディ・トゥガー事務局長は、これは病院や研究所が最高小売価格の方針の後に価格調整を行ったために起こったと述べました。

PCRスワブテストキットの最高小売価格は、昨年10月末にRp275.000~Rp300.000に設定されています。

ランディ氏は、PCRスワブテストの適格性が低いことが、オミクロン変異体に続くCovid-19の接触検査の精度に深刻な影響を与えることを懸念しています。

ただし、ランディ氏は、今日社会で流通している市販製品の調査の後に、PCR綿棒テストキットの精度の結論を出す必要があると確認しました。

「わずか29万ルピアの価格で、より高い精度のハイテクはインドネシアでは供給できません。

コストが削減されたため、ローテク試薬と綿棒を使用したPCR検査製品があります。」とランディ氏は日曜日に電話で述べました。

ランディ氏によると、医療研究所機器会社協会の一部のメンバーは、病院や研究所への最新の資格を持つ綿棒テストキットとPCR試薬の配布を停止しました。

その理由は、最高小売価格政策による価格調整は、医療および実験装置の販売業者に利益の差をもたらさないためです。

彼によると、病院や研究所は最近、中国とアジアのメーカーから比較的低価格で綿棒テストキットと試薬を購入しました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife オミクロンが存在する中、保健省は30万ルピアでPCRテストキットの最適な品質を保証(?) オミクロンが存在する中、保健省は30万ルピアでPCRテストキットの最適な品質を保証(?) オミクロンが存在する中、保健省は30万ルピアでPCRテストキットの最適な品質を保証(?) SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。