<簡単解説>
オミクロンという変異体が、どうしてまだインドネシアで見つかっていないのか?その理由は、発見できる検査の進行がまだそれほど進んいない、検査数自体もまだ多くない。
<コメント>
先日専門家にコメントをいただいていた事と同じ理由が書かれています。ゲノム監視プロセスが進んでいない。インドネシアにオミクロン変異体が、今までに入り込んでいなかったという、結論はまだまだ速いと言う。


Kenapa Varian Omicron Belum
Terdeteksi di Indonesia?
Ini Kata Epidemiolog

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
06/12/2021, 10:02 WIB


オミクロンの新しい亜種が、インドネシアの3つの近隣諸国、つまりシンガポール、マレーシア、オーストラリアで検出されました。実際、マレーシアは南アフリカと比較して、自国でオミクロン変異体を早期に検出したと報告しました。


世界保健機関(WHO)は、この変異株を懸念のある変異株(VoC)または感染と死亡の増加を引き起こし、ワクチンの有効性に影響を与える可能性のある変異株として指定しています。
では、なぜオミクロン変異体が国内で検出されていないのでしょうか?
グリフィス大学のインドネシアの疫学者であるディッキー・ブディマン氏は、南アフリカではゲノム監視が良好であるため、オミクロン変異体が発見されたと述べた。
ゲノム監視は、ウイルスの拡散を防ぐためにコロナウイルスのゲノムを追跡および監視するための取り組みです。
ディッキー氏によれば、全ゲノムシーケンス(WGS)研究所を通じてより多くのゲノム監視が実施された場合、この亜種はインドネシアに侵入している可能性があります。
「また、ゲノム監視も比較的弱く、全症例の0.2%が処理されているため、この変異体を検出し、この変異体の存在を理解する能力が非常に不足していることも注意する必要があります。」
月曜日(2021年12月6日)にKompas.comから連絡を受けたとき、ディッキー氏は言った。
ディッキー氏は、政府に1パーセント以上または南アフリカと同じ0.8パーセントに達するようにゲノム監視を求めています。
したがって、政府は国内の新しいコロナ亜種の状態の概要を把握するでしょう。
「これは改善されなければならない。そうすれば、(インドネシアにはこの亜種)がないと主張するだけでなく、監視も南アフリカのと同様の0.8%または約1%にします。もちろん、より強力な議論もあるでしょうが」と彼は言いました。
ディッキー氏は、インドネシアでのオミクロン亜種の登場は、デルタ、ベータ、アルファの亜種の場合と同様に、時間の問題であると述べました。
なぜなら、海外旅行者の動きは非常に活発で速いからです。
しかし、彼によると、これはウイルスの感染を抑制できることを保証するものではありません。
「以前の検疫期間は7日または10日ではなく、5日であったため、これ(入国時テストと出国時テスト)でさえ保証できる物ではないからです」と彼は言いました。
さらに、ディッキー氏は、現在の状況では、政府と一般市民は、検査、追跡と治療、健康プロトコル、ワクチン接種への対応を強化することにより、オミクロン変異体の動きに対する意識を高める必要があると述べた。
そして特にコミュニティが、マスクを無視し、社会的距離を無視し、ワクチン接種を受けたくない場合、それは強力な変異体の存在に有害です。これは必ずしも最後の変異体ではありませんし、オミクロンの場合、それを無視すればさらに深刻な事態が発生する可能性がある」と述べた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。