<簡単解説>
年末年始(クリスマスと新年)休み中のコミュニティ活動制限(PPKM)をインドネシア国内全てで、レベル3とすると発表していたが、ここへ来て撤回し、一部変更はあるが、ほぼそれぞれの地域の現在のPPKMレベルで、生活ができるようになります。と発表
<コメント>
「全国で一律レベル3」にするという声明が出て、世界的にオミクロン変異体の登場が続く中、今だにインドネシアでは発見されず。そんな状況では、おそらくこの規制は、行われると思っていた矢先、この新たな展開に驚きを隠せない。オミクロン変異体が発見される可能性が0ではないので、いつ、いかなる政策変更があるか、まだわからず未知数です。


Luhut Klaim Antibodi COVID-19
Warga RI Sudah Tinggi,
Tak Ada PPKM Level 3 Nataru

オンラインメディア「Detikom」が伝えています。
火曜日, 07 Des 2021 07:31 WIB


海事投資調整大臣ルフット・ビンサル・パンジャイタン氏は、クリスマスと新年の期間中、インドネシア全土でコミュニティ活動制限(PPKM)のレベル3の実施はないことを強調しました。


この期間中に設定される規則は、現在のレベルのPPKM評価指標を引き続き参照します。
政府は、COVID-19の傾向が抑制されており、過去数日間で1日あたりの症例数は400例未満で比較的安定していると評価しています。
同様に、陽性症例と治療を受けている患者の数についても同様です。
政府は、すべての地域で年末年始期間中にPPKMレベル3を適用しないことを決定しました
年末年始期間中のPPKMレベルの実施は、現在適用されているパンデミック状況の評価に引き続き従いますが、ある程度の引き締めがあります。」
ルフット氏は月曜日(2021年12月6日)に書面で説明した。
「この決定は、ジャワバリでの1回目のワクチン接種が76%に達し、2回目のワクチン接種が56%に近いことにも基づいています。
高齢者へのワクチン接種は、ジャワとバリで1回目と2回目の投与で64%と42%に達するまで強化され続けています。
それに比べて、昨年の同時期にはインドネシア人はワクチン接種を受けていませんでした。 血清調査の結果は、インドネシアの人々がすでに高いCOVID-19抗体を持っていることも示しています」と彼は続けた。
それでも、政府は、ホテル、ショッピングセンター、モール、観光名所、またはその他の公共の混雑した場所での、あらゆる種類の新年のお祝い活動を禁止することは確実です。
ショッピングセンター、レストラン、観光名所の運営は、最大75パーセントの容量でのみ開くことが許可されます。
「社会的および文化的イベントに関しては、許可される最大人数は50人です。保護のためにPeduli Lindungiアプリケーションを使用するという規律を実施する必要があります」とルフット大臣は結論付けました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    1 thought on “年末年始の一律PPKMレベル3規制なし!国民はCOVID-19の抗体価はすでに高い(海事投資調整大臣)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。