タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
<簡単解説>
WHOの発表で、この変異体「オミクロン」が初期のデータによれば、重篤な症状になるようなウィルスではない事がわかった。
<コメント>

南アフリカで初めて発見されたと言われいるこの変異体は、今では40(変更済み)を超える国々で発見されている中で、WHOが正式に、今までの所、重篤化しない事を発表している。


Boleh Agak Lega,
WHO Ungkap Data Awal
Riset Varian Omicron

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 09 Des 2021 08:00 WIB


初期データに基づいて、世界保健機関(WHO)は、コロナオミクロン亜種が他の種類の亜種より重篤ではないように見えることを明らかにしました。

多少安心するかも!WHOはオミクロン変異体の初期研究データが明らかに

オミクロン変異体は、すでに抗体を持っている人に再感染するのが簡単かもしれませんが、症状は穏やかです。

「南アフリカからの新たなデータは、オミクロンによる再感染のリスクが高いことを示唆しています。

オミクロンがデルタよりも軽い病気を引き起こすという証拠がいくつかあります。」

木曜日(2021年12月9日)にアルジャジーラからの引用で、WHO事務局長のテドロス・アダノムゲブレイエス氏は説明した。

それでも、テドロス氏は確固たる結論を出す前に、まだ多くのデータが必要であると強調し、世界中の国々に監視を強化し続けるよう促しました。

彼はまた、このオミクロン亜種についてもっと知るために助けを求めました。

このオミクロンは、他の亜種よりも重篤な病気を引き起こさないことが証明されるでしょうが、テドロスは世界の国々がこの亜種に対する警戒を緩めないように要求しました。

「今は喜ぶ事ができても、命が奪われる可能性はあります。」彼は言った。

テドロス氏と同様に、WHOの緊急事態ディレクターであるマイケル・ライアン氏も、これまでのところオミクロンの変種はデルタよりも高い伝送速度を持っていることに同意しました。

しかし、それはオミクロンの亜種を止めることができないという意味ではありません。

「初期データは、これがより深刻であることを示唆していません。実際、どちらかといえば、方向(重大度)はより軽い方向になります」と彼はメディア「Channe lNews Asia」によって言ったと伝えられました。

ライアン氏によれば、オミクロンの亜種が現在のCOVID-19ワクチンによってもたらされる防御を完全に回避できる可能性は非常に低いとのことです。

これまでのところ、既存のワクチンはコロナのすべての亜種に対して有効であることが証明されています。

「私たちは、重篤な疾患と入院の観点から、これまでのすべての変異体に対して有効であることが示されている非常に効果的なワクチンを持っています…

それが有効に効果が出ない事を期待する理由はない」と述べた。

しかし、ライアン氏は、オミクロンに対する有効性がわずかに低下したワクチンがあることを認めました。

これは、ウイルスの表面に存在する数十の変異が原因である可能性があり、ウイルスが細胞に侵入することを可能にしています。

亜種がより危険である場合、より多くの人々が病気になり、医療制度に再び負担がかかる可能性があります。

「それがより速く広がるならば、それはまだより多くの人々を病気にし、健康システムに負担をかけ、そしてより多くの人々を死に至らしめる可能性がある」と彼は結論付けた。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife 多少安心するかも!WHOはオミクロン変異体の初期研究データが明らかに 多少安心するかも!WHOはオミクロン変異体の初期研究データが明らかに 多少安心するかも!WHOはオミクロン変異体の初期研究データが明らかに SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。