皆様とどうぞ共有ください!
<簡単解説>
先日ジャカルタの大通りの、バス停前で縁石仕切られている専用道路内で、大きな事故が起こりました。この事故で、車内で事故原因を調べている中、就労規則など、業務手順書もないまま、業務が行われていて、内部告発的な話が出て来ている。
<コメント>
先日都心を走っていた、トランスジャカルタの運転手の不注意から起きた事故で、車内の運転手の勤務状況が問題になっている!


Cerita Sopir TransJakarta di Tengah Isu
Waktu Kerja Lebih 8 Jam

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
木曜日, 09 Des 2021 15:23 WIB


長いシフト、8時間以上働くトランスジャカルタ運転手問題。トランスジャカルタ(ジャカルタの公共バス)のディレクター、ムハマド・ヤナ・アディタ氏はこの問題を否定しました。


ではドライバー達はどうですか?
イニシャルが「S」のトランスジャカルタのドライバーの1人は、彼が受けた労働時間は8時間以内であると述べました。
最大のバス運転時間で、8時間にならない場合もあります。
木曜日(12月9日)、ジャカルタのカンプンメラユ・ターミナルで「S」は、「約8時間です。最大に乗っても、8時間になりません。」と語った。
ただし、彼はシフト2で約9時間勤務する必要があります。参考までに、トランスジャカルタのドライバーの勤務時間は2つの勤務シフトに分けられます。
「シフト1は朝5時から約11から12時まで。
午後のシフト2は昼12から夜9時半までです」と彼は続けました。
「週に一度シフトを変更します。休日からシフトを変更します」と彼は続けました。
一方、イニシャルが「J」のトランスジャカルタのドライバーも8時間以内の勤務でした。彼はシフト2で12.00-21.00WIBの勤務中です。
「J」は、運転を終えたらすぐに車に燃料を補給しなければならないと説明した。それはドライバーとしての義務です。
「私たちは燃料を補充します。それは私たちの仕事範囲です、私たちは、運転後にすぐに補充します。」と彼は言いました。
ヤナ氏はドライバーが8時間を超えて作業しないことを保証しています。
彼は、多くのバスが事故を起こした後、現在徹底的なチェックを行うことに焦点を合わせていると言った。
「いいえ、SOP(業務手順書)はありません。したがって、すべてのオペレーターの友人は、業務手順書はないと言います(ドライバーは8時間以上働きます)。」
トランスジャカルタのディレクター、ムハンマド・ヤナ・アディティアは、水曜日(12月8日)に東ジャカルタのカワンにある彼のオフィスでの記者会見で言った。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください