<簡単解説>
先日この公共交通バスである、トランスジャカルタで大きな事故が起きましたが、事故原因を調査していた、ジャカルタ警察は、その原因を会社の従業員管理の問題が大きいとして、彼らに対する管理術を提案した。
<コメント>
このトランスジャカルタに乗った事がある身からすると、運転手も含め、スタッフが一生懸命働いている姿を見かける。限られたスタッフの中で、一生懸命働く社内で、この忙しい体制に付いていけないスタッフが居た事は、十分に理解できる。一つの会社の従業員管理術が問われた事になった。

Cegah Kecelakaan, Ini Saran Ditlantas
untuk PT Transjakarta

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 9 Desember 2021 | 18:08 WIB


ジャカルタ警察の交通局は、トランスジャカルタのバス事故が二度と起こらないように管理を改善するために、PTトランスポートジャカルタ会社にいくつかの勧告をしました。


「改善のためのいくつかの提案があります。私たちがトランスジャカルタ経営陣とトランスジャカルタ自体は、私たちが提供する推奨事項で改善のために実施することを約束しました。」
ジャカルタ警察交通局・サンボド・プルノモ・ヨゴ氏は木曜日(2021年12月9日)に記者団に語った。
サンボド氏は、この提案は特にドライバーの作業改善に関連していると述べた。さらに、PT.トランスジャカルタの内部統制に関連することも提案しました。
「運転時間、ドライバーの休憩時間に関するいくつかの推奨事項には、バスルート上での監督も含まれます。
後に、PT.トランスジャカルタはそれを見直するだろう」と述べた。
ジャカルタ警察交通局はまた、ドライバーのパフォーマンスを正しく評価する際に、報酬と罰を適用するような、管理術を提案しました。
「アメとムチの適用は、トランスジャカルタの安全面の管理に関連しています。
次に、たとえば最高のドライバーや車のメンテナンス係に賞を授与したり、
スピードを出すための安全基準やドライバーが休む場所などを用意するなど」サンボド氏は言った。
サンボド氏は、トランスジャカルタが適切に勧告を実行し、サービスと安全性の面で変化が生じることを望んでいます。
これは、トランスジャカルタ・バスが関係する交通事故の防止、または少なくとも減らすために重要です。
「2022年にジャカルタの公共交通機関としてトランスジャカルタがそのパフォーマンスをさらに向上させることができるように私たちは皆望んでいます。
ジャカルタ警察交通局は、トランスジャカルタのバスに起こった多くの事故について話し合うために、PTトランスジャカルタの社長であるモハマド・ヤナ・アディタを召喚しました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。