タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Wajib Tahu, Inilah 8 Fakta Vaksin Sinovac !

オンラインメディ「brainberries.co/id」が伝えています!(日付不明)


インドネシアでのCovid-19ウイルスの発生から、2020年2月頃から1年以上が経過しました。 実際、このウイルスは2019年12月から中国の武漢で流行しています。<おろらく2021年3〜4月頃の記事>

シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!)

その結果、多くの医薬品会社がウイルスの拡散を防ぎ、最小限に抑えるためのワクチンを開発しています。

現在インドネシアでは、いくつかの種類のCovid-19ワクチンが利用可能であり、そのうちの1つはCoronaVac(コロナバック)またはSinovac(シノバック)です。 今回は、知っておくべきシノバックワクチンに関する8つの事実について説明します。

ご注意:CoronaVac(コロナバック)は、中国からのSinovac(シノバック)をインドネシアで生産した同じ物

どのような事実でか?

シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!)

1.有効性65.3%

最初の事実では、両ワクチンの有効性は約65.3%であることがわかっています。

これは、WHOの最低基準である50%を満たしています。 これは、Covid-19ウイルスを追い払うワクチンの有効性の推定が良いと考えられることを意味します。<中略>

2.臨床試験済み

投与量、副作用、安全性、有効性の観点から、シノバックワクチンの臨床試験は3段階で実施されました。

最初のフェーズは、18〜59歳の年齢範囲の144人の成人を対象に中国で実施されました。

 次に、前のフェーズと同じ年齢範囲の600人を対象にフェーズ2の臨床試験を実施し、投与量と安全性について詳しく調べました。

最終段階はインドネシアを含むいくつかの国で実施されましたが、バンドンではワクチンの有効性をテストするために1,600人の被験者が参加しました。

疫学やウイルス感染のプロセスなど、いくつかの要因に応じて、各国の有効性は異なります。 たとえば、有効率が78%のブラジルと91.25%のトルコ。(有効性は時に減じるので現在<2021年12月>とは違う)

3.ハラール証明書を取得する

インドネシアウラマー評議会は、北京にあるシノバックの本社とバンドンにある「ビオファーム社」Bio Farmaの本社の2か所でシノバックワクチンの現地監査を実施した後、ハラール認証を発行しました。

アスロロン・二アム・ショラーのファトワ(※1)MUI会長は、「ハラールの側面については、監査人の説明について長い議論を重ねた後、

ファトワ委員会の会議は、シノバックによって製造されたCovid-19ワクチンに同意しました

そして、ビオファーム社によって提出された証明書は、ハラールで聖なるものです。」


(※1)ファトワ:イスラム教においてイスラム法学に基づいて発令される勧告、布告、見解、裁断のこと


4.ジョコウィ大統領による最初の予防接種

中国とバンドンで3段階の臨床試験を実施し、MUIからハラールファトワを入手した後、インドネシア共和国のジョコウィドド大統領は、2021年1月13日に、ジャカルタ、ムルデカ宮殿でシノバックワクチンの最初の注射を行いました。

ワクチン接種前には、体温や血圧など、健康診断のいくつかの段階がありました。

その後、2021年1月27日、大統領は同じ場所で2回目のワクチン接種を受けました。

大統領のワクチン接種プロセスは、インドネシアでの集団予防接種開始の通過点です。


ジェトロより参考資料:インドネシアがダントツで最大の輸入国
中国製ワクチンの海外展開を読み解く


5.軽度の副作用

ワクチンの有効性はそれほど高くありませんが、シノバックはワクチン接種者に有害な副作用はありません。 実際、このワクチンの副作用は軽度から中等度に分類されます。

しばしば発生する副作用のいくつかは、注射部位の痛みや腫れ、発熱、体の疲労、筋肉痛、頭痛、吐き気、嘔吐です。

ただし、ワクチンを体内に注射する前に考慮する必要があるいくつかの条件があります。

アレルギーの病歴、免疫系の衰弱、ARI(急性呼吸器感染症)の症状、定期的な輸血、内臓疾患、妊娠中、または糖尿病に苦しんでいるなど。

これらの状態がある場合は、最初に医師に相談する必要があります。

6.中国企業から

両ワクチンは、シノバック・バイオテック社と呼ばれる中国の会社で製造されています。

同社は、世界初の不活化A型肝炎ワクチンの開発に成功した後、2001年に正式に設立されました。

この会社は、肝炎とインフルエンザの2種類のワクチンの研究開発に焦点を当てています。

過去20年間で、同社はA型およびB型肝炎ワクチン、H5N1インフルエンザ(鳥インフルエンザ)、H1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)、おたふく風邪、犬の狂犬病などの6つの重要なワクチンを発売しました。

7.免疫を速い反応

臨床試験の後、両ワクチンが迅速な免疫応答をすることが判明しました。

研究チームによると、14日間隔で2回のワクチン接種から4週間以内に反応が現れました。

これは、シノバック・バイオテック社の研究者の1人であるZhu Fengcai(チュー・シュイツァイ)氏によって明らかにされました。

「私たちの調査結果は、コロナバックが14日間隔で2回分のワクチンを投与することにより、免疫化から4週間以内に迅速な抗体反応を引き起こす。」

8.さまざまな国で使用

インドネシア以外にも、バングラデシュ、ブラジル、トルコ、チリなど、両ワクチンを使用している国がいくつかあることがわかりました。

前のポイントで説明したように、各国の有効性のレベルは異なります。 ただし、WHOの最小制限である50%を超えています。

両ワクチン接種は、Covid-19ウイルスにさらされた後に重篤な合併症にさらされるリスクを減らすことができると期待されています。

シノバックとは別に、アストラゼナカ、モデルナ、シノファーム、ファイザー、ノババックスなどの他の種類のワクチンがあります。

一方、インドネシアは、Merah Putih(メラプティ)ー ビオファームと呼ばれる独自のワクチンも開発しています。 うまくいけば、インドネシアからのこのワクチンはすぐに生産され、Covid-19を効果的に防ぐことができます!



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!) シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!) シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!) SakuraParkHotel

1 thought on “シノバックワクチンについての8つの事実!(イ国が最大の輸入国!)

  1. 2021年4月19
    チリで接種されているワクチンの種類にも関心が集まっている。チリで接種されているワクチンの90%が中国製のシノバックワクチンであり、残り10%が米ファイザー製ワクチンである。ちなみにイスラエルで接種されているのは米ファイザー製、英国は英アストラゼネカ製、米国は米ファイザー製と米モデルナ製である。 チリ大学の研究者らは6日、「シノバック製ワクチンの有効性は54%だった」と発表した。54%という数字は、世界保健機関が示した有効なワクチンについての最低値(50%)をやや上回る程度にすぎない。

    これに対し、ファイザー製やモデルナ製のワクチンの有効性は90%を超えており、アストラゼネカ製のワクチンの有効性も約80%である。

    当時はアルファ株中心でした。
    その暫く後にデルタ株に置き換わりました。
    アルファ株で上記の効果、デルタ株では当然それ以上に効果は下がると思われます。

    シノバック等不活化ワクチンは素材として死滅したウイルスを使用します。
    効果を上げる為には株が変わる度に素材も変える必要があると思います。
    その辺り、シノバックはどの様な対処をしているのか知りたい所です🤭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。