Peretas China Bidik
TNI AL dalam Aksinya

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 12 Dec 2021 07:40 WIB


中国のハッカーは、東南アジア諸国の政府機関や民間部門を標的にした作戦を実行している疑いがあります。

インドネシア海軍、別名TNI-ALもハッキングの標的でした。

米国の民間サイバーセキュリティ企業からの報告によると、Insikt Group(Recorded Future社脅威諜報活動チーム)は、インドネシア、マレーシア、ベトナムが攻撃の主な標的でした。

対象となる他の国は、ミャンマー、フィリピン、ラオス、タイ、シンガポール、カンボジアです。

インドネシア海軍は別として、

報告書に記載されている具体的な目標には、日本の首相官邸とタイ陸軍、フィリピン海軍、ベトナム共産党の国会と本部、マレーシア国防省が含まれます。

脅威諜報活動チームは、この攻撃は東南アジアのハイエンドの軍事組織および政府組織を標的にしたと述べた。 このハッキングは9か月間続いていると推定されています。

「特定されたこの出来事の多くは数か月にわたって発生していて、個々の攻撃者が被害者のネットワークへの長期アクセスを維持し、この期間中に被害者のデータを盗み、諜報活動の情報収集の取り組みをサポートできた可能性が高いです。」

日経から引用されたように脅威インテリジェンスチームは言った。

脅威諜報活動チームはまた、ハッカーがFunny DreamやChinoxyなどのカスタマイズされたマルウェアを使用したと述べました。

このタイプのマルウェアは公開されておらず、中国政府が援助していると思われる多くのグループで使用されています。

この攻撃はまた、中国政府の政治的および経済的目標に沿ったものであると考えられ、それはサイバー攻撃による国家干渉の疑いを強めた。

「政治的目標を達成するための、ネット上のスパイ活動で、監視されているターゲットは価値の高い政府レベルの物である。また中国が援助する上記のような特定された技術的な繋がりもある。」と彼らは述べた。

この活動には国が関与する可能性が非常に高いと考えています。

一方、中国外務省は、クレームに対するコメントの要請にすぐには応じなかった。

これまで、中国当局は、国家が援助するあらゆる形態のハッキングを一貫して否定してきました。 それを認める代わりに、中国はそれを主要なサイバー攻撃と呼んでいます。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。