タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Siapa yang Akan Menanggung
Utang Proyek Kereta Cepat Jakarta-Bandung?

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
12/12/2021, 21:39 WIB


批判が殺到し、繰り返し約束に違反したと考えられているにもかかわらず、政府は動じず、ジャカルタ-バンドン高速列車の膨れ上がった投資費用を賄うために、公的(州あるいは国)な資金を使い続けています。

プロジェクトが始まってから、ジョコウィ大統領とその側近が、

ジャカルタ-バンドン高速鉄道は純粋に国営企業が行うと繰り返し強調しました。

B to Bスキームを使用して、政府は投資が、コンソーシアム(企業共同体)メンバーの資本と中国からのローンから来ると約束しました。

資金は社債の発行からも得ることができます。

ジョコウィ大統領はまた、公的資金の使用はもちろんのこと、将来問題が発生した場合に政府がプロジェクトに保証することをしないことを強調していた。

これは、約150 km離れた2つの都市を結ぶ高速列車プロジェクトが、インドネシア国有企業と中国企業の企業共同体によって実施されているためです。

公的資金(APBN)とは別に、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトの資金は、実際には中国からの債務もあります。


<考察>APBN:Anggaran Pendapatan dan Belanja Negara

本文でも出てくるこの言葉「APBN:Anggaran Pendapatan dan Belanja Negara」では、州予算、国予算、公的資金と3つの解釈が考えられる。

マレーシア語では州とも国とも訳せて、インドネシア語は、ネット上で州になっていて、私たちが学ぶインドネシア語では、「国」になる。以前から疑問だった。


それでは、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトでインドネシアはどのくらいの債務を負っているのでしょうか?

PT Kereta Cepat Indonesia China(KCIC)<このプロジェクトを始めた会社>の公式声明によると、ジャカルタバンドン高速列車(KCJB)プロジェクトの資金調達構造は、中国開発銀行(CBD)がプロジェクトの75%資を提供し、コンソーシアムエクイティ(企業共同体株主資本)が25%を提供します。

この共同体の資本は、新株や新株予約権付社債の発行などにより調達される。 投資家にとってみたら、返済期限が定められていない資金であり、その資金が利益の拡大に貢献する投資に当てられるよう監視が必要となる。

企業共同体株主資本の25%のうちの、60%は、過半数の株主であるためにインドネシアの企業共同体から。

したがって、インドネシアの企業共同体からの資金はプロジェクトの約15パーセントです。

残りの85%は、インドネシア政府からの保証なしに、中国企業の株式とローンから資金提供されます。

政府によって割り当てられる国家資本は3.4兆ルピアであり、

企業共同体の基本資本または授権資本(会社が発行出来る株式資本)の支払いに使用されます。

一方、中国開発銀行(CBD)ローンは45.5億米ドルまたは64.9兆ルピアに相当すると推定されています。

国家資本で作られた・国有企業の計画では、政府は、国家資本計画により、公的資金(APBN)を、4.3兆ルピア相当のジャカルタバンドン高速列車(KCJB)プロジェクトに支払います。 これは、KCJBの基本資本を充足するためです。

国有企業共同体、すなわちPT Kereta Api Indonesia(KAI)が支払わなければならない基本資本は、4400億ルピアであることに注意してください。さらに

  • PT Wijaya Karya(国有株式会社)上場会社は2400億ルピア、
  • PT Jasa Marga(国有株式会社)上場会社は5400億ルピア、
  • PT Perkebunan Nusantara VIII は3.1兆ルピア。

(中略)

「したがって、合計4.3兆ルピアの国家資本が基本になります。」

Kontan.co.id(メディア)から連絡を受けたとき、PT.KAI、ディレクターのデディク・ハルタントヨ氏は言った。

国営企業の副大臣である、カルティカ・ウィルジョアトモジョ氏は、ジャカルタ-バンドン高速列車の初期資本金は歳入予算から4.3兆ルピアであると述べた。

州の支出は、2021年の超過予算融資にて注入されます。

「ジャカルタ-バンドン高速列車の初期予算に、今年の残りの予算を使用します。」

カルティカのニックネーム、ティコ氏は言った。

この公的資金は、国家資本参加(国有企業)の形でPT Kereta Api Indonesia(PT KAI)に流れます。

PT Wijaya Karya上場会社(WIKA)の代わりに、現在高速鉄道プロジェクトの国有企業企業共同体の責任者を務めています。

当初の計画、すなわち、B toBスキームを使用することにより、債務はいくつかの国有企業を含む企業共同体によって負担されます。

関係者は、上記のPT. KAI、PT.Wijaya Karya 、PT.Jasa Marga、および、PT Perkebunan Nusantara VIIIです。


知られているように、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトはコスト超過を経験し、当初の目標を達成できませんでした。

当初、このプロジェクトの費用は86.5兆ルピアと計算されていました。

現在、プロジェクトの費用はRp.114.24兆ルピアであり、追加で、Rp.27.09兆ルピアも膨れ上がっています。もちろん、その金額は少なくありません。 プロジェクト完成目標は2019年から2022年に延期されました。

インドネシアと中国の高速鉄道の高騰する投資は、JICAを通じて日本が提供した同じプロジェクトの開発資金を上回っています。東京は低金利でしたが。

プロジェクトの停滞を防ぐために、インドネシア政府は、プロジェクトに関与する国有企業へ、公的資金資を入れる形で、資金不足を補うことを計画している。

プロジェクトに反対する人々は、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトの実際の進歩状況は政府の以前の約束に沿っていないと言います。

これらの条件で、ファイサル氏はこのプロジェクトがいつ報われるかについての簡単なシミュレーションも実行しました。(略)

「最長で139年から最短で33年」
しかしこれには、運用コストが考慮されていません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。