タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Simak Rekomendasi Terbaru WHO
Bagi Pengguna Vaksin Sinovac

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
13 December 2021 11:50


世界保健機関(WHO)は、免疫力が低下している人や不活化Covid-19ワクチンの接種者は、免疫力の低下から身を守るために追加免疫ワクチンを接種することを推奨しています。

シノバックワクチンユーザー向けのWHOの最新の推奨事項!

この勧告は、免疫化に関する戦略的諮問グループ(SAGE)が先週火曜日に会議を開き、Covid-19ワクチンブースターの必要性を評価した後に発表されました。

SAGEのアレハンドロ・クラビオト会長は、ワクチンは少なくとも6か月間、重度の病気に対して強力なレベルの防御を提供したと述べたが、データは、重度の病気に対する免疫が高齢者や基礎疾患のある人では低下することを示唆している。

「今のところ、私たちは(ワクチンの)均等な配布の必要性と、健康上の問題を抱えている人や不活化ワクチンを受けた人にのみ3回目の接種を使用することの必要性を引き続きサポートします。」

ロイターが月曜日(2021年12月13日)に引用したように、アレハンドロ・クラビオト氏は言った。

WHO免疫化部門のディレクターである「ケート・オブライエン」氏は、Covid-19ワクチンが「優れた」防御を提供すると述べています。

2回目の投与後6か月間、保護が「わずかに中程度に減少」します。

不活化ワクチンの製造では、SARS-CoV-2ウイルスを摂取し、化学物質、熱、または放射線を使用して不活化または殺害します。

これは、ワクチンを製造するためにヘルスケアの世界で使用される最も一般的な方法の1つです。

勧告はワクチンの名前について言及していません。ただし、WHOから緊急使用リスト(EUL)を受け取る不活化ワクチンには2つのタイプがあります。つまり、シノバックワクチンとシノファームワクチンです。

この勧告は、より伝染性が高いと言われているCovid-19のオミクロン変異体がワクチンの能力を低下させるという懸念に沿って発行されました。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife シノバックワクチンユーザー向けのWHOの最新の推奨事項! シノバックワクチンユーザー向けのWHOの最新の推奨事項! シノバックワクチンユーザー向けのWHOの最新の推奨事項! SakuraParkHotel

1 thought on “シノバックワクチンユーザー向けのWHOの最新の推奨事項!

  1. 不活化ワクチンの性質上、デルタ株にはデルタ株ウイルス、オミクロン株にはオミクロンウイルスを使用する必要があると思います。

    インフルエンザワクチンも不活化ワクチンですが、A 型にB型ワクチンを接種しても効果はありません。

    新型コロナ感染者が少ない中国でどのようにワクチンを製造するのか疑問です。
    オミクロン株には南アフリカで製造するのでしょうか?
    治験はどのようにするのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。