タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Indosat M2 Dibubarkan,
Nasib Ratusan Karyawannya Memilukan

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 15 Des 2021 06:15 WIB


PT Indosat Tbkは、子会社のPT Indosat Mega Media(IM2)が2021年12月8日に正式に解散し、清算されたと発表しました。この決定は、2015年から会社が関与した汚職事件の継続です。

解散はIM2従業員の運命に影響を及ぼします。事実は次のとおりです。

  • 350人の従業員が解雇されています

インドサットメガメディア(IM2)労働組合のデニーサプトラ会長は、少なくとも11月末には、契約が突然終了した350人以上の従業員がいたと述べた。

彼らは基本給しか得られていないと言われています。

インセンティブやその他の権利を取得していません。

「11月30日の時点で、1週間以内に350人以上の友人たちが契約を終了しました。

  彼らは大きな貯蓄を持っている人ではなく、大きな生活資本を持っている人でもない」と語った。

  • 12月の賃金は止められます。

組合代表はまた、過半数株主としてのインドサットの経営陣に深い失望を表明した。

彼はまた、11月に行われた企業プロセスの間に、PT IndosatTbkもPTIndosat Mega Media(IM2)も、仕事の状態、賃金、退職金の観点から従業員に関する問題について話し合っていなかったことを明らかにしました。

「私たちがまだ従業員である12月の賃金でさえ保証されておらず、PT IndosatTbkとPTIndosatM2からの12月の賃金を満たす保証はありません」とDデニー氏は述べています。

  • 残りの従業員は一時解雇の脅威に

デニー氏によると、現在、12月31日に解雇されるとされる従業員は93人いるといいます。

会社の声明によると、すべての権利は清算メカニズムを通じて、従業員に譲渡されます。

一方、IM2のすべての資産は、司法長官事務所によって土地、建物、動産、売掛金、売掛金の形で没収されました。

したがって、組合は、そのメカニズムが会社の義務(社員に給料を払う事を含)を履行することに誠実ではないと考えています。

  • デモプラン

インドネシア労働組合連盟(KSPI)の会長である、サイド・イクバル氏は、我々労働組合もIM2労働者訴訟の継続を監督するために介入すると述べた。

彼は、近い将来、組合の要求を満たすために、インドサットの経営陣に手紙を書き、連絡を取り合うと述べた。

「私たちが経営陣に手紙を送り、PT Indosat (上場会社)から完全な労働者の権利を与えることを含めて再雇用するための善意がない場合、KSPIが抵抗キャンペーンを実行することは確実です」と氏は言いました。

デモは来週、インドサット本社ビル、DPR、インドネシア証券取引所で開催される予定です。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

<祭りや:Gifファイル>と<ケムチクス><J-Clinic>この下の部分

Kemchiks-jktlife Indosat M2は解散!何百人もの従業員の運命は悲痛 Indosat M2は解散!何百人もの従業員の運命は悲痛 Indosat M2は解散!何百人もの従業員の運命は悲痛 SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。