Publik Tak Setuju Penambahan
Masa Jabatan Presiden

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
火曜日, 14 Desember 2021 | 21:13 WIB


国民の大多数はジョコ・ウィドド大統領の業績に満足するが、彼の任期が延長されたとしても、必ずしも国民が同意するわけではない。

インドネシアの世論調査事務局長のプトロ・マス・グナワン氏は、調査を行ったばかりだと述べた。

その結果、大多数の国民は、特に大統領に関して、政府の業績に非常に満足していることがわかりました。

しかし、延長を検討している大統領の任期については、国民は支持していない。

調査では、回答者の87.8%が、大統領の任期が2期に制限されていることを知っていると回答した。

12.2パーセントもの人が知らないと答えました。

「任期が2期以上追加される場合、同意しますか? 58.1%が「同意しない」と回答し、25.6%が「非常に同意しない」と回答しました。

これは、大統領の任期が3期以上の任期に追加された場合、過半数が同意しないことを意味します」と、火曜日(2021年12月14日)にプトロ氏は述べました。

次に、2024年の大統領選挙でジョコウィ氏が支持した大統領候補に国民がどのように反応するかを見極めることが重要です。

次に、回答者は、新大統領候補の勝利に対するジョコウィ氏の影響について尋ねられました。

「50.1パーセントが<大きい>答えた、19.1パーセントが<ない>と答えた、5.4パーセントが<非常に大きい>と答えた」とプトロ氏は言った。

「ジョコウィ氏が2024年に特定の大統領候補を支持するかどうか尋ねられたとき、3.5%が<わからない>と答え、27.8が<中立>と答え、22.7%が<支持する>と信じていると答えた。」

プトロ氏は述べた。

インドネシアの世論調査は、2021年11月25日から12月5日まで開催されました。

関与した回答者の総数は1,230に達し、34の州に広がった。

多段階ランダムサンプリングのサンプル手法を使用した直接インタビューによるデータの収集。

許容誤差は、95%の信頼水準で約2.8%です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

3 thoughts on “国民は大統領の「任期延長」に同意しない!

  1. 外側から見ているとジョコウィ大統領に成ってから中国にベッタリに見えます。
    医療関係の立場からコメントすると新型コロナでのシノバックワクチン使用には治験数が如何にも少なすぎると思っています。
    前保健大臣の辞任にも繋がったこの事例にはインドネシアの闇を感じました。

    1. コメントありがとうございます。
      そのように言う、日本人も多いのは、確かですね。
      中国寄りになっても、国民のためになっているとすれば、彼は胸を張るでしょうし
      国民は応援するでしょう。
      その辺を、次の候補者がどのように、論破するかが勝負の分かれ目かもしれませんね。
      自分は、おっしゃる所もあるし、特にこの高速鉄道が運行を始めて、まもなくトラブルが発生したら、
      社会問題化するかもしれないと思っています。

  2. 再度、医療的な立場からコメントします。
    インドネシア国民の多くはシノバックワクチンを接種していると思います。
    国民の安全を考えるなら、ワクチン接種した方の抗体量を調べる必要があると思います。
    インドネシアは他国と違い抗体検査を怠っている様に見えます。
    政府はシノバックワクチンの副反応の軽さはPRしていますが抗体量や中和抗体には言及していません。
    ワクチンは副反応云々でありません、感染しない・重症化させないが本来の目的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。