タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Efek Samping Vaksin Sinovac
pada Anak 6-11 Tahun,
Demam hingga Diare

オンラインメディア「bisnis.com」が伝えています!
15 Desember 2021  |  16:52 WIB


シノバックワクチンを注射された6〜11歳の子供の22%が、咳、下痢、発熱などの局所的および全身的な副作用を経験しました。

6〜11歳の子供に対するシノバックワクチンの副作用、発熱から下痢

この数字は、水曜日(15/12/2021)のドクターアルムプラバタ氏のTwitterアカウント(@adamprabata)から引用された、2021年のHan(全国子供の日)の調査の結果です。

知られているように、シノバックワクチンはインドネシアで6〜11歳の子供に注射され始めていますが、副作用を恐れている親がまだいます。

副作用を経験した子供の22%のうち、17%は軽度の副作用を経験し、11%は中等度の副作用を経験し、0%は重度の副作用を経験しました。

子供は同時に軽度と中等度の副作用を経験する可能性があります。

たとえば、注射部位に軽い痛みや腫れがあります。 シノバックワクチンの考えられる副作用は何ですか?

副作用には、局所(注射部位)と全身性(全身に感じられる)の2種類があります。

6〜11歳の子供の局所的な副作用は、注射部位の痛み(12%)、注射部位の腫れ(1%)です。 6〜11歳の小児の全身性副作用は、発熱(5%)、咳(2%)、下痢(1%)でした。

  通常、子供の副作用は注射の7日後に発生し、48時間以内に、ワクチン接種後の副作用の大部分は出現してから改善されています。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife 6〜11歳の子供に対するシノバックワクチンの副作用、発熱から下痢 6〜11歳の子供に対するシノバックワクチンの副作用、発熱から下痢 6〜11歳の子供に対するシノバックワクチンの副作用、発熱から下痢 SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。