タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Nasib Aipda Rudi, Didemosi ke Luar Polda Metro Jaya
karena Tak Tanggapi dan Marahi Korban Pencurian

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
18/12/2021, 10:07 WIB


盗難の犠牲者に対応せず、怒らせたためにジャカルタ警察を左遷させれたアイプダルディ氏の運命

盗難の犠牲者に対応せず、怒らせたためにジャカルタ警察を左遷させれた怠慢警察官の運命

盗難の被害者の報告を真剣に受け止めなかった東ジャカルタのプロガドゥン警察職員であるアルパダ・ルディ・パンジャイタン氏は、ついにしっかりと対処された。

ジャカルタ警察のProfession and Security Division(Propam)<※>インドネシア国家警察の職業と安全の部門は、アルパダ・ルディが有罪であり、警察の職業倫理規定に違反していると述べました。 ルディ氏は降格になり、ポルダメトロジャヤの管轄外に移されました。


<※>Propam:インドネシア国家警察の職業と安全の部門

https://id.wikipedia.org/wiki/Divisi_Profesi_dan_Pengamanan_Kepolisian_Negara_Republik_Indonesia


ジャカルタ警察の広報責任者 エンドラ・ズルパン氏は、これが金曜日(2021年12月17日)に開催された警察の職業倫理セッションで決定されたことを明らかにしました。

「今日、金曜日の14.00WIBから17.15WIBまで、東ジャカルタ警察のメンバーであるアルパダ・ルディ氏の違反者とされる警察の職業倫理規定の審理が行われた」と彼は記者団に語った。

裁判の結果は、部下が国民の報告を真剣に受け止めていないことを知って激怒したメトロジャヤ警察署長のファディル・イムラン監察官の要請によるものでした。



カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。